無料ブログはココログ

カテゴリー「フライト009」の6件の記事

2013年5月19日 (日)

キネマ航空 009-5 便 搭乗券リリースのご案内

【訂正とお詫び】 2013.05.21

009‐2 便の「フライト236」の初稿の中で「メリーさんの犬」と書いてしまいましたが「スーザンさんの犬」に訂正いたします。すでに脳裏にどどめられた方にはお詫び申し上げます。

なぜ間違えたのかはご賢察をお願いします。今後は十分に校正と推敲に留意いたします。まことに申し訳ありませんでした。

キネマ航空CEO
----------------------------------------------------------------------

キネマ航空 009 便の最終フライトとなります。繰り返しのご搭乗ありがとうございます。

TICKET/ Flt.009-5 をクリックしてください。直接のご搭乗となります。

この 009-5 便の時代は1929年10月24日の「暗黒の木曜日」から始まった世界恐慌のまっただ中の時代のパイロットを描いた2本です。

この数年後の1936年7月から1939年4月にかけて戦われたスペイン内戦は新しい航空戦の始まりをもたらします。航空戦は主に欧州機が主体で行われました。

日本はこの航空戦に参戦しませんでした。その結果、日本は第一次大戦機の延長にある零式戦闘機(計画要求書 1937)を生み、ヨーロッパは、特にドイツ(Bf109 同1934年)から、いわゆる重戦闘機の戦訓を習得し、対抗する英国(スピットファイア 同 1935年)も高速と上昇力を使った一撃離脱の戦法、つまりは大馬力エンジンが必要な機種へ転換をはじめました。これには馬力の増強に耐えうる強靭な機体も含まれます。これが日本の設計と大きく異なりました。

米国は中立を保ちました。その結果、第二次世界大戦に入ると、どっちつかずの開発で生産された戦闘機のままでしたので太平洋戦線の緒戦では零戦にたたかれることになりました。(P-36 同1933年頃 のエンジン換装型がP-40 同1937年頃、新設計を行うP-51 の仕様が1940年に策定)

ちなみに中立とはいえ、数千人のアメリカ市民も義勇兵としてコミンテルンに指導された共和国側の人民戦線の旗が掲げられた国際旅団に参加し、ナチス・ドイツとファシスト政権のイタリアの欧州枢軸国に支援された右派反乱軍と戦闘を行っています。その中に第一次世界大戦後のロスト・ジェネレーションと呼ばれる世代も加わっていました。

そして、ここで生き残ったアメリカ市民は共産党員とみなされ、さらに過酷な人生を歩むことになります。アメリカ市民の信じた自由がソ連からも母国からも裏切られた戦争でもありました。

今回の主人公となるふたりも生きていれば参加していたかもしれません。その二人の死を描く二人の監督の手法が対照的です。

 BOARDING TICKET/ Flt.009-5 

第一次大戦中には多くの青年、特に男子が志願、義勇、徴兵として戦場を経験することになります。飛行機が登場して大量のパイロットが必要とされたのもこの戦時においてでした。

大戦が終わり過酷な戦場を経験し、幸運にも生き残って帰還した兵士たちの世代を「ロスト・ジェネレーション "Lost Generation"」と呼ぶようになります。日本語では「失われた世代」と訳されました。すなわち親の世代からすれば、これまで息子たちに教育してきた価値観が失われていく時代となりました。

しかし、そう呼ばれる世代からすると "Lost" の意味は航空機でいう「ロスト・ポジション」自機位置喪失の「迷子の世代」と呼ばれたほうが適切と思えます。そして多くのパイロットが軍から離れますが空への執着は断ち切れません。

上映作品は

・ 翼に賭ける命
ストーリィは浮き草稼業のフライング・サーカスの家族とそれを取材する新聞記者の四角関係のメロドラマです。

とはいえ原作はアメリカのノーベル賞作家ウィリアム・フォークナーの「パイロン(標識塔)」という小説です。

パイロン・レースのシーンは結構迫力があります。ヒロインとなるドロシー・マローンの虚無的な演技は魅力的ですが・・・今の日本で理解できるかどうか。

コラムはどうしたことか、当CEOが思い出した日本の歌謡曲の話になってしまいました。

「流れの旅路」と「サーカスの唄」です。5月15日の就航後に YouTube にリンクを付けました。多少の加筆と修正を行いましたので、ご存じの歌でなければ再度のご搭乗をおすすめします。

後者の音源は、SPレコードのせいか2番が欠けていますが、以下の歌詞でした。ご参考までに・・・
「2 昨日市場で ちょいと見た娘/色は色白 すんなり腰よ/鞭(むち)の振りよで 獅子さえなびくに/可愛いあの娘(こ)は うすなさけ」 ちなみに「獅子(しし)」はライオンです。

「すんなり腰よ」は「ほっそりした腰」という意味ですが、性的妄想を喚起させるとして検閲不許可か自主規制か・・・単に曲全体のイメージの構成上なのか・・・原詩の二番と三番の間に、二番分相当の長さの間奏が入っています。

・ 華麗なるヒコーキ野郎
「ストーリィも映像も航空映画らしい航空映画です」の一言で共感してくださるお客様は本当の飛行機ファンです。

解説の目玉は、飛行機の主役を務める、そっくりさん同士のカーチス JN-4D ジェニースタンダード J-1 の比較と開発のいきさつです。この2機種は「翼よあれが巴里の灯だ」でも共演しています。

----------------------------------------------------------------------

二つの映画に託(かこつ)けたような鎮魂の辞ですが、日本にはこのような生き方をされたパイロットもおられました。

日本に「ロック岩崎」こと岩崎貴弘氏(1951-2005)がおりました。氏は航空自衛隊で第一線の戦闘機を乗り次がれて、数々の戦技を工夫され模擬空戦でその結果を出された伝説のパイロットでした。

氏は44歳半ばで第一線を退くと同時に退官されてエアロバティックのパイロットとしてピッツ S-2C を有するチーム、エアロックを率いられました。

そして2005年4月、エアロックのホームであった但馬空港で訓練中に不測の墜落に遭遇されて、観客に観られることなくお亡くなりになりました。享年53歳。

氏は実際の戦闘に参加されてはおられませんが、飛べなくなることで心の中の何かを失い、何かを見つけようとされておられたように思えます。

これは人生の半分を過ごした愛着のある職をリタイヤしたものすべてが感じる気持ちを代わって実行されたようにも思えます。

当CEOも10月の青空のもとで氏のフライトを観たことがあります。中でも垂直に空高く上昇して始める数々のマニューバーは今でも記憶にあります。

ご冥福をお祈りします。

キネマ航空CEO

当CEOオフィスにご来訪並びに、ご搭乗ありがとうございました。

フライト009 は、こちらの通しチケットでいつでも再搭乗いただけます。

 BOARDING TICKETS for Flt.009

当キネマ航空CEO自身、我ながら冗長冗漫、支離滅裂なところを認めます。しかしながら全フライトを通して、それなりの論旨は持たせたつもりであります。

論旨了解、意味不明の場合は各フライトのコメントにお書き残しください。もちろん論旨不明の場合も同様にお願いいたします。

キネマ航空CEO拝

次発のキネマ航空010便もご期待ください。
またのご来訪をお待ちしています。

キネマ航空CEO

2013年5月18日 (土)

キネマ航空 009-4 便 搭乗券リリースのご案内

TICKET/ Flt.009-4 をクリックしてください。直接のご搭乗となります。

 BOARDING TICKET/ Flt.009-4 

特に航空時代の先駆けとなる時代に生きたパイロットを突き動かすものは何なんだったのでしょう。ただ、ただ、飛行機でできる何かを人より早く成し遂げたい衝動かな・・・と思えます。

また、見当違いかもしれませんが、コックピットの孤独のなかに身を置きたいだけのようにも思えます。その衝動を持ち続けていく苦闘こそが見所ともいえます。

上映作品は

・ 翼よあれが巴里の灯だ
俳句はそぎ取った言葉で情感を表現する芸術ですが、映画も省略した映像で否応なく感覚に切り込んでくる表現です。

情感であるうちはいいのですが事実と誤解させる力も持っています。当キネマ航空では記録映像の価値がある場合を除き実録をうたう映画、特に戦争映画の上映を避けています。

この映画でも飛行機ファンには残念な省略があります。「ザ・スピリット・オブ・セントルイス」の名前は最初から決まっていました。そして、その名前がつくチャンスは4社4機種にありました。

映画では最初のベランカ WB-2 と最後のライアン NYP にのみに脚光が当たっています。この間に検討された2機種のうちフォッカーに開発を持ちかけた単発機は実在していないようですがもう一機種のトラベルエア 5000 と合わせての3機種のベンチマークを比較してみました。

論理的なのか、直観力なのか、自分の命を預ける飛行機の仕様を決めたリンドバーグのエッジの立った工学的センスをご理解いただけると思います。

コラムでは、上記の3機種のメーカーのその後をまとめました。ここにも栄枯盛衰があります。

・ アメリア 永遠の翼
アメリア・イアハートの目指したものは彼女の未完成となった飛行計画によって永遠に受け継がれることになりました。それは空を飛ぶこと以外にも、ある意味ではリンドバーグより、アメリカ社会に影響力があったようにも思えます。

コラムは女性飛行家についてまとめました。当キネマ・フライト009便に登場したエミー・モリソン(ジョンソン)、ジャッキー・コクラン、アメリア・イアハートに加え、ジャクリーヌ・オリオール、ハンナ・ライチェ、朴敬元(パク・キョンウォン)など。

フライト009 全便の通しチケットはこちらからご搭乗ください。

 BOARDING TICKETS for Flt.009

当キネマ航空CEO自身、我ながら冗長冗漫、支離滅裂なところを認めます。しかしながら全フライトを通して、それなりの論旨は持たせたつもりであります。

論旨了解、意味不明の場合は各フライトのコメントにお書き残しください。もちろん論旨不明の場合も同様にお願いいたします。

キネマ航空CEO拝

各フライトとも長距離飛行となります。

なにぶん、ULCCを自認しております。
コーヒーのご用意と上映の合い間の屈伸運動を行われるよう、
お客様にお願いいたします。

ご搭乗をお待ちしております。

キネマ航空CEO

2013年5月17日 (金)

キネマ航空 009-3 便 搭乗券リリースのご案内

TICKET/ Flt.009-3 をクリックしてください。直接のご搭乗となります。

お願い!! ブラウザーの更新によって文字が幾分小さくなったようです。ディスプレイによっては読みにくい場合があります。よろしければ画面を125%拡大してご搭乗ください。

 BOARDING TICKET/ Flt.009-3 

飛行機に限らず工学の分野で新しい製品をつくる場合、通常はそれぞれ独立した個人または組織のなかで行われます。組織や国を超えての具体的な相互の交流はほとんど行われません。ノウハウを巡っての孤独な競争です。

ちなみに、ショーなどで公開される完成予定品のコンセプト開示や株主向けの情報公開は「絵に描いた餅」ですが英語では“ Pie in the Sky ”(空中のパイ)だそうです。航空業界にはきつい一言ですね。

しかし、ひとたびその製品が公知の事実となると自社のノウハウ構築をかけた公けの競争が生まれます。そこには挑戦、名誉、義務、国家などなど、さまざまなプライドの思惑に加えて金銭的利益、経済的利益が絡み、パイロットたちもその中に飛び込みます。

まずは紹介する作品に登場するパイロットたちの地上の顔と空の顔を見比べてください。

上映作品は

・ 素晴らしきヒコーキ野郎 
英語の原題名は、"THOSE MAGNIFICIENT MEN IN THEIR FLYING MACHINES - How I Flew from London to Paris in 25 hours 11 minutes" ギネス・ブック級の長さではありませんか?

架空のロンドン・パリ・エア・レースを舞台にしたコメディです。
航空機(エアプレーンまたはエアクラフト)というより飛行機(フライング・マシン)ファンなら、この映画に出てくる飛べなかった珍妙な機体も含め、かつてはこの世に実在していたことをご存じだと思います。

もちろんレース画面に映るのはレプリカでエンジンも自動車用ですがフライアブルです。
日本を馬鹿にしているなどと肩ひじ張らずに第一次大戦前の、のどかな時代を楽しみましょう。コケにされているのは日本だけではありません。日本では明治43年のことでした。

・ グレート・エアレース 
第一次大戦後、というより第二次大戦の前哨戦となるイタリアのエチオピア侵攻やスペイン内乱が始まる直前に行われたマックロバートソン・エア・レースを題材にしています。

日本では昭和9年にあたります。満州経営を巡って一触即発の軍事行動による外交展開を関東軍が行い政府が追認を繰り返していました。

ちなみに朝日新聞社が行った「神風号」の欧州訪問はこのレースから3年後の1937年でした。原型の中島九七式司令部偵察機の初飛行は1936年でしたのでレースには間に合いません。

映画の紹介より、参加機のなかで女性飛行士ジャッキー・コクランが搭乗するグランビル R-6 H の解説のほうが多くなりました。

ビア樽みたいなジー・ビー・レーサーの系譜につながる機体であります。一寸したギミックを加えましたのでお試しください。

フライト009 全便の通しチケットはこちらからご搭乗ください。

 BOARDING TICKETS for Flt.009

当キネマ航空CEO自身、我ながら冗長冗漫、支離滅裂なところを認めます。しかしながら全フライトを通して、それなりの論旨は持たせたつもりであります。

論旨了解、意味不明の場合は各フライトのコメントにお書き残しください。もちろん論旨不明の場合も同様にお願いいたします。

キネマ航空CEO拝

各フライトとも長距離飛行となります。

なにぶん、ULCCを自認しております。
コーヒーのご用意と上映の合い間の屈伸運動を行われるよう、
お客様にお願いいたします。

ご搭乗をお待ちしております。

キネマ航空CEO

2013年5月16日 (木)

キネマ航空 009-2 便 搭乗券リリースのご案内

【訂正とお詫び】 2013.05.21

009‐2 便の「フライト236」の初稿の中で「メリーさんの犬」と書いてしまいましたが「スーザンさんの犬 」に訂正いたします。すでに脳裏にどどめられた方にはお詫び申し上げます。

なぜ間違えたのかはご賢察をお願いします。今後は十分に校正と推敲に留意いたします。まことに申し訳ありませんでした。

キネマ航空CEO
----------------------------------------------------------------------

TICKET/・・・ をクリックしてください。直接のご搭乗となります。

BOARDING TICKET/ Flt.009-2

多くの日本人は空を仕事場とするパイロットには聖人のような自己規律を厳守する人格を求めているようです。これが海に生きるマドロスですと、勤務中にパイプをふかし、港、港には酒と女が待つ世界、であっても何の違和感も感じないようです。

でも・・・パイロットとマドロスでは身分、ましてや職責が違う、とか・・・いいや、人間の本性に違いはない、うらやましい! とか・・・。
もちろん人によりますけれど・・・

しかしパイロットも人間です。彼らにとってはそこにしかない仕事場で職責を果たしたあと、それがどれほど社会的に英雄的な行為であっても否応なく個人の私生活との葛藤が社会にさらされます。

上映作品は

・ フライト 236 
カナダのエア・トランサットで起きた実話がベースです。全ての燃料を失い緊急着陸をした場所にちなみ「アゾレス・グライダー」事件とも言われます。

コラムでは、この事故の前にカナダの国内線 エア・カナダ143便で発生した、「ギムリー・グライダー」と呼ばれる実話から映画化した「フリー・フォール」を取り上げています。VHSで入手はできると思います。 

・ フライト 
一応、現実の事故から着想を得ているようですが、うーむ!?、と首をひねるところがあります・・・ そこをどう解釈するかがむつかしい。
全体的には大味なアメリカ映画です。先のカナダ映画と見比べて映画としてのセンスの差をお楽しみください。

プチ・コラムは当キネマ航空CEOのこれでいいのだの印象です。ただし飲酒に関しては当キネマ航空009便の映画に出てくるパイロットの多くは口にしているようです。まあ映画ですので搭乗までの時間的な経過は「フライト」を除き、わかりません。

フライト009 全便の通しチケットはこちらからご搭乗ください。

 BOARDING TICKETS for Flt.009

当キネマ航空CEO自身、我ながら冗長冗漫、支離滅裂なところを認めます。しかしながら全フライトを通して、それなりの論旨は持たせたつもりであります。

論旨了解、意味不明の場合は各フライトのコメントにお書き残しください。もちろん論旨不明の場合も同様にお願いいたします。

キネマ航空CEO拝

各フライトとも長距離飛行となります。

なにぶん、ULCCを自認しております。
コーヒーのご用意と上映の合い間の屈伸運動を行われるよう、
お客様にお願いいたします。

ご搭乗をお待ちしております。

キネマ航空CEO

2013年5月15日 (水)

キネマ航空 009-1 便 搭乗券リリースのご案内

TICKET/・・・ をクリックしてください。直接のご搭乗となります。

 BOARDING TICKET/ Flt.009-1

ほとんどのパイロットの方たちは平穏な生活を営み、遭遇する危険な状況を乗り越えても多くは後輩に語るのみで静かにリタイヤされるのですが、それでは小津安二郎をもってしても映画になりません。

軍人パイロットを主人公にした伝記ものの映画はいくつかありますが民間航空の操縦士、いわゆるライン・パイロットの生活を描いた作品は少ない。

上映作品は

・ 南海の花束 日本映画には珍しい骨太の作品です。

・ エア・パニック -地震空港大脱出- うーむ、と首をひねるところもあります・・・が、英語題名の「エア・クルー」として観れば日本では作れそうにない、よくできたソビエト連邦の作品です。

コラムは、日本版DVDでたまに見かける「なぜ、外国と同じタイトルなのに尺(上映時間)が短いの?について」
短いと損をした気分になりますね。このコラムの計算式でも短ければあなたは損をしています。

フライト009 全便の通しチケットはこちらからご搭乗ください。

 BOARDING TICKETS for Flt.009

当キネマ航空CEO自身、我ながら冗長冗漫、支離滅裂なところを認めます。しかしながら全フライトを通して、それなりの論旨は持たせたつもりであります。

論旨了解、意味不明の場合は各フライトのコメントにお書き残しください。もちろん論旨不明の場合も同様にお願いいたします。

キネマ航空CEO拝

各フライトとも長距離飛行となります。

なにぶん、ULCCを自認しております。
コーヒーのご用意と上映の合い間の屈伸運動を行われるよう、
お客様にお願いいたします。

ご搭乗をお待ちしております。

キネマ航空CEO

2013年5月14日 (火)

キネマ航空CEO 009便 近日就航のご挨拶

キネマ航空のご愛用ありがとうございます。

就航予定の009便ではパイロットが主人公の映画をそろえて上映いたします。
運行は類似したテーマや背景の作品を二本をまとめた往復チケットで行います。

先の008便の主役であったフライト・アテンダントの仕事はLCCの台頭でさま変わりしましたが今回のパイロットたちの仕事はそれ以上に大きく変わりました。

21世紀に入ってからの作品を見るにつけ、これからもパイロットの在りようは適性を含めて大きく変わると考えられます。いずれ、これについても当オフィスで考えてみたいと思います。スーザンさんの犬」の例を引いてまとめておきました。(2023/05/22追記)

そこで当フライトで扱う年代も1910年代から2012年と一世紀に及びます。時代背景と公開年度にもご注目ください。それぞれの年代の反映がそれぞれの雰囲気を作ります。

時代背景   公開年度       作品名
1910   1965   素晴らしきヒコーキ野郎
1926-1931   1975   華麗なるヒコーキ野郎
1927   1957   翼よ! あれが巴里の灯だ
1928-1937   2009   アメリア
1932   1957   翼に賭ける命
1934   1990   グレート・エアレース
1941   1942   南海の花束
1978-1979   1980   エア・パニック-地震空港大脱出-
2001   2010   フライト 236
2012   2012   フライト

空港(ホーム・ページ)では、009便で運行する 全5便のチケットを同時に発売いたします。
当キネマ航空オフィスでは順次チケットを販売して参ります。カテゴリー「フライト009」よりお求めください。

ご期待ください。

なお。フライト(2012)は 「キネマ航空CEO 映画館に 「フライト」を見に行く」にて先行プレミア上映を行っております。お立ち寄りください。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31