無料ブログはココログ

« キネマ航空CEOの憂鬱 米エネルギー省5月13日の発表による補足(11) | トップページ | キネマ航空CEOの憂鬱(12) 風評被害を時代劇の民意から考える »

2011年5月23日 (月)

キネマ航空CEO 武田一男氏を追悼

このところ先方はこちらを知らないけれどこちらは先方を存じ上げ深く敬愛する方々が次々と旅立たれました。

この方々の残された作品やお姿にはこれからも接することはできますが、新しいお仕事が突然途切れることは逝かれた方々より残ったほうが無念でもあります。

その中のお一人 航空界の音の記録者として、またその第一人者として著名な武田一男氏がお亡くなりになりました。

氏の著作には 「機長席」 朝日ソノラマ 2000 など数々あり、最近ではWebやモバイルのアプリケーションで音と映像のコラボレーションに後進の方々と取り組まれていました。

声には人の心が聞く側の心に直接触れてくる力があります。また機械音に過ぎない爆音にも機械と機械と共にいる人との間の共鳴音を読み取ることができるようです。

氏の音や声へのこだわりからの映像へのアプローチは病を得て道半ばとなりましたが双方に後進の方々を育成されておられました。また、時代に先んじてWebを通しての飛行機を愛する人たちのつながりを進めておられました。

そして残念にも当CEOがその謦咳に接する直前に旅立たれてしまわれました。

キネマ航空CEOは、人それぞれに与えられる命運の中で、かくありたき人生をまっとうされました、を追悼のことばとしてご冥福をお祈りいたします。

キネマ航空ご愛用の航空機のファンの方々には次のリンクにてご弔問をいただき、氏の生き方を偲び、追悼の花を一輪供えていただければと、ご連絡いたします。

http://press.airjapon.com/?eid=746

http://press.airjapon.com/?eid=747

このリンクにて氏の作品の粋(すい)の一端が公開されています。

キネマ航空CEO 署名

« キネマ航空CEOの憂鬱 米エネルギー省5月13日の発表による補足(11) | トップページ | キネマ航空CEOの憂鬱(12) 風評被害を時代劇の民意から考える »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

キネマ航空CEO

「The High and The Mighty」でコラボできなかったのが惜しいですね。

私の母親もインターネットを使いこなしてお得な情報を誰よりも詳しく仕入れているようですが、
年輩の方々にとって、新しい情報を取り入れたり、IT技術をのみこんだり、って
若い人よりもパワーがないとできないですよね。

記事の紹介、どうもありがとうございます!
今日はCEOの日です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/51747408

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空CEO 武田一男氏を追悼:

« キネマ航空CEOの憂鬱 米エネルギー省5月13日の発表による補足(11) | トップページ | キネマ航空CEOの憂鬱(12) 風評被害を時代劇の民意から考える »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31