無料ブログはココログ

« キネマ航空CEOの春野の休日 | トップページ | キネマ航空008便 アンノウン航空会社の社名判明す! »

2012年4月29日 (日)

キネマ航空008便 就航 (5月3日に補足しました)

お知らせ
- 就航中の800便 の「ボーイング・ボーイング」を中心に大幅に加筆をいたしました (2012年5月4日)-

大掛かりな 予告 をしておきながら出発遅延を続けてご迷惑をおかけしておりました「スチュワーデス物語」フライトが就航いたします。

・ エアポート ’75 
   カップリング上映は - 乱気流 タービュランス - 
前者はスチュワーデス、後者ではフライト・アテンダントが操縦士を失った機を飛ばします。
キャビン・クルーの呼び名が違うように機体もボーイング747-100から747-400に替わります。
キネマ航空でおくつろぎのところで、無事に着陸するとはいえオープニングから航空パニック映画の上映では、とさすがに反省しています。
しかしながらカップリング上映で時代による航空機技術の差を感じていただける企画のつもりでおります。なにとぞご寛容のうえご観賞下さい。

・ ジャッキー・ブラウン
職業:フライト・アテンダント、性別:女性、年齢:40代半ば、人種:黒人、年収16000ドル、冤罪の前科あり、の彼女が挑む男どもを向こうにまわしての賭けの結果は・・・
撮影当時の監督はまだ若かったが、四十路を越えた大人になって見る映画です。

・ ハッピー・フライト (アメリカ)
原題は「頂上からの眺め」。一味違うアメリカ版「スチュワーデス物語」。
日本では見られないフライト・アテンダントのキャット・ファイトもあります。
そこのアナタ!・・・「ゼロ戦がどうの、烈風がどうの」と講釈をいうボーイ・フレンドをお持ちのアナタ。「ふーん、あなたは『キャット・ドッグ・ファイター』なのね」と言ってやれる TIP を用意しておきました。

・ ハッピー・フライト (日本)
航空運輸業界(ANA)を背景にしたよくできた脚本と演出、とくにグラウンド・スタッフを演じた田畑智子さんに拍手。
エンディングの「COME FLY WITH ME」はフランク・シナトラが1958年にTWAとタイアップして創唱しています。
この当時のTWAはハワード・ヒューズの下にあり、曲のイメージがよく似合う、ハリウッド・セレブの乗る華やかな航空会社でした。
曲名を頂戴した映画「翼のリズム COME FLY WITH ME (1963)」ではフランキー・アヴァロンが歌っています。こちらはTWAではなくニューヨーク-パリ間を飛ぶ(この当時は架空の?)マグナ航空の3人の新米スチュワーデスの恋物語です。
次に上映する同時代の「ボーイング・ボーイング」と見比べたいところですがむつかしいようです。

・ ボーイング・ボーイング
「翼のリズム」と同じく古い映画(1965)で、ヨーロッパが舞台のスチュワーデスものの古典。
3人のエア・ホステス(ヨーロッパですので)が登場する、今となっては問題のありそうなストーリィ。
でも原作となった戯曲を書いた作家の視点はそんなところにはありません。
これが日本の航空映画にないところ。ぜひご覧下さい。
映画とは直接関係はありませんが ボーイング 707 の歴史のなかで消えていったひとりのテスト・パイロットのけじめのつけ方と 冒頭のエアポート ’75 でヨーロッパ出張から帰国したチャールトン・へストンのせりふが微妙につながっていることにもご注目ください。 


ご注意!!
ここに登場するスチュワーデスやフライト・アテンダントは変といえばかなり変です。
実在のキャビン・クルーの皆様は普通に仕事をして普通に生活しておられるはずです。

映画でそのようなフライト・アテンダントを描くには小津安二郎監督のような手腕と名前が必要です。しかし映画には作れる時代、作られた時代というものがあります。

今回は1965年から2008年までの作品を選びました。

あわせてジェット・ライナーの幕開けからその将来についてのヤブにらみ考察も含めて、スクリーンに映る製作された時代も共にお楽しみください。

以上の5+1本立て、のフライトです。上映時間がすこし長くなりましたので5回に分けてのご搭乗をお奨めします。

« キネマ航空CEOの春野の休日 | トップページ | キネマ航空008便 アンノウン航空会社の社名判明す! »

おすすめフライト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

800便の運行、おつかれさまです。
今回のフライトはどれも見たくなる作品ばかりですね。
「ボーイング ボーイング」をYouTubeで見つける事ができました。
が! やはり英語にくじけそうでいます。早口なのと、戯曲のセリフ回しについていけるかどうか…。

竜子さん、
ご搭乗ありがとうございます。

こと英語の聞き取りに関してはご同様です。
ことばについては何度も見る(聞く)しかなさそうです。
あくまで何となくですが、5-6割はわかったような気持ちになれます。

こればかりは学生時代にこれくらい真剣にやっておけばと思っています。
でも竜子さんなら「後悔しないことが知恵の始まり」ですよね!

「ボーイング ボーイング」にはあまり取り上げられられない飛行機の持つ一面として
かなり強引な技術についての辛口の追記を行ないました。
竜子さんやMattariさんのようなピュアな飛行機ファンには嫌われそうですね。

武田一男さんだと何とおっしゃるか自問自答をしています。

Mattariさんは絶好調ですね。800便にご搭乗いただいているかどうかわかりませんが、アンノウンとした 707 の航空会社を教えてくださると嬉しいのですが・・・

英語…。旅行くらいなら大丈夫だし、とタカをくくっていたら、去年、TOEICでズタボロの現実をみました。

「Boeing Boeing」は、どうにかしようと考えていたら、YouTubeの新機能(とはいってもbeta版ですが)の【cc】というのを発見しました。この【cc】は、音声を文字化させて翻訳する、というgoogoleの実験なのですが、Beta版とはいえ力になってくれそうでした。
とはいえ、この機能も音声自体を拾えていないものが多く(字幕にしてくれると、逆に聞き取れるようになってしまったり、不思議なものです)、いきなり日本語字幕化すると、とんでもない物語になってしまいますので、英語字幕で楽しんでみます。

追記の方は、私はむしろMattariさんが喜びそうだと思いました(^^

英語を使うには英語にどっぷり浸ってないとだめなようですね。
TOEICを受験されるならアメリカ旅行中に受けたほうが良いように思えます。

日本語字幕があれば英語が聞き取れる(ように感じる)のは私も感じます。とくに字幕的表現に変換されている場合に

「Boeing Boeing」見て下さいね。
YouTubeといえば飛行機の出てくるFull Movieがかなり存在していますね。
ほとんどが戦争ものなのが残念ですが・・・The High and The Mighty「紅の翼」を見つけたらASAPでお知らせします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/54585352

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空008便 就航 (5月3日に補足しました):

« キネマ航空CEOの春野の休日 | トップページ | キネマ航空008便 アンノウン航空会社の社名判明す! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30