無料ブログはココログ

« キネマ航空CEO 橋本徹弁護士をほっといて、フォークソングと「日本人」について考える | トップページ | キネマ航空CEO 回転翼機のオスプレイはどうなのよ?(その6)・・ホバリングを考える前に考える »

2013年6月 6日 (木)

キネマ航空CEO 現代(同時代)評論の書き方を教授する?

承前々 キネマ航空CEO 橋本徹(市長?弁護士?推理小説作家?)とフォークソングについて考えるついでに「日本人」も考える
承前 キネマ航空CEO 橋本徹弁護士をほっといて、フォークソングと「日本人」について考える

承前、承前々の後書き 前書きに、なってるかな?

前二回の「橋本徹」大阪市長のパフォーマンスに引っ掛けた「フォーク・ソング考」は、先月当キネマ航空CEO のオフィスに訪問いただいた知人のコメントにあった「宇野常寛の怒り」がきっかけであります。

誰だかさっぱり分からず、市立図書館の蔵書を検索したところ、幸いなことに著作は二冊
のみ。さっそく借りた。が・・・

「ゼロ世代の想像力」 早川書房 2008

読んでもよく分からない。まあ、分からないことが分かっちゃう評論家仲間と出版編集者への挨拶のようなものだから、その甲斐あって、次に上梓したのが、

「リトル・ピープルの時代」 幻冬舎 2011

こちらは面白かった。20世紀の後半の3分の1から21世紀に入って延々と続く「ウルトラマン」と「仮面ライダー」のサーガの「深ーい」全容をまとめてある。また、村上春樹がさっぱり分からなかった読者への解読法もある。

内容の当否はともかく、いい歳をして、こんな長ーいTVシリーズや首をひねる題名の小説を全巻通して観たり、読んだり、なんて、これから先ないもんね。しかし・・・、

補論1、で追加されたクリストファー・ノーランの映画「ダークナイト」の分析は腑に落ちるので全体も、いいところを突いているのかもしれない?でも・・・

補論2、3となると、こんなの形こそ違え昔からあるのでは、とも感じる

大衆文化は社会からの影響を受け次の社会を先取りすることが考察されている。・・・が、それらにひたったそれぞれの年代が社会に与えた影響や著者の怒りは今一つはっきりしない。ニコニコ動画などオタク・コミュニティでは具体的に怒っているのかな・・・。(注記参照)

キネマ エアラインズ もある種のマイナーなヒコーキ・オタクが運営しており、当CEOの結論として、宇野氏の著作は現代のオタク的評論の書き方のうえでは、大いなる参考書になる。

で、その書き方のルールをまとめて、ご伝授しよう。当CEOも今回はこのルールをマネしたんだもんね。

一、時系列、もしくは並行、で進んだ大衆文化(これの選択が一番の大切)を選んで、こと細かくオタク分析をする。

二、現代哲学の用語を適当に混ぜる。ポスト・モダンとか脱構造主義とか、メタなんとやら、とか・・・。できればそれに関連した引用や人名を加えると、なお良い。できれば脚注をいっぱいつける。

テーゼとかアンチ・テーゼはともかくとして古典哲学や近代哲学からの援用をしないほうがさらに良い。20世紀のオタク評論のイメージが強すぎるサルトルやマクルーハンは絶対ダメ。

三、政治現象や社会現象は少し前を扱う。ただし、深入りしない。

当CEOは、三番目のルールを破ったけど深入りは避けたつもり。

二番目はパロディとしてやろうと思ったけれど、当CEOの能力からすると自縄自縛になりそうであきらめた。

しかし、短文のツイートをやめて本格的に現代評論をやるつもりなら、このために使える最強の参考書を推薦しておきます。

「現代思想の遭難者たち 」 いしいひさいち 講談社 2002 増補版 2006

漫画家、いしいひさいち氏の線描の腕の冴えも鋭いが、コマの脇でそのペンを支えた編集者たちが豪(えら)い。34人の現代哲学者が登場するので、援用する人選には事欠かない。(ただし、「現代」だけに、思想にも流行り廃(すた)りがあるので要注意!)

当CEO は、なかでも2002年版のユルゲン・ハーバーマスの項に、どっぷりとはまりました。ぜひ、ご一読ください(ご一覧か?)。もちろん2006年の増補版にも含まれています。

あ!もう一つのルール・・・。

四、この、ハーバーマス先生の真似はしない。つまり、対象となる発表媒体を選ぶ。

当CEOの場合はちょっと微妙だが、宇野氏はこれを守っているようです。

では、現代(同時代)評論家を目指す諸君、この四つのルールで奮闘を祈る。

お後(あと)がよろしいようで・・・

注記、

「リトル・ピープルの時代」のあとがきに、著者は「本書の印税を(3.11の)被災地に寄付することに決めた」とある。期間限定かもしれないが図書館で借りた当CEOの代わりに買って読んでね。

宇野氏の(抗えないことに対する生の)怒り」は、表には出さず、このあとがきのなかに凝縮されているようだ。

--------------------------------------------------
ここまでを、
前書き、として読んだかたは、

1. キネマ航空CEO 橋本徹(市長?弁護士?推理小説作家?)とフォークソングについて考えるついでに「日本人」も考える
2. キネマ航空CEO 橋本徹弁護士をほっといて、フォークソングと「日本人」について考える

の順に読んでね!

後書き、として読んでいただいた方々には、

「お疲れさまでした。しばらく目を閉じて二つのフォークソングを声に出して歌ってみてください・・・」とお願いして、お付き合いいただいたお礼を申し上げます。「ありがとうございました」

« キネマ航空CEO 橋本徹弁護士をほっといて、フォークソングと「日本人」について考える | トップページ | キネマ航空CEO 回転翼機のオスプレイはどうなのよ?(その6)・・ホバリングを考える前に考える »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/57532285

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空CEO 現代(同時代)評論の書き方を教授する?:

« キネマ航空CEO 橋本徹弁護士をほっといて、フォークソングと「日本人」について考える | トップページ | キネマ航空CEO 回転翼機のオスプレイはどうなのよ?(その6)・・ホバリングを考える前に考える »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31