無料ブログはココログ

« キネマ航空CEO 読書眼鏡を試す - 『永遠の0』と『蜩の記』を読むの巻 | トップページ | キネマ航空CEO 読書眼鏡を使う - 『潮鳴り』を読んで時代小説について考える »

2014年11月21日 (金)

キネマ航空CEO 高倉健氏を追悼す

氏は当CEOが前回ブログの公開後の加筆のなかで氏の名に言及した、くしくも、その日にお亡くなりになりました。
ここにご冥福をお祈りするとともに、氏のフィルモグラフィの中から当CEOが推すベスト3を記録して心より追悼いたします。

1.昭和残侠伝 公開1965・10・1 監督 佐伯清 脚本 村尾昭、山本英明、松本功

2.飢餓海峡 1964 監督 内田吐夢 脚色 鈴木尚之 原作 水上勉 

3.新幹線大爆破 1975 監督 佐藤純彌 脚本 小野竜之助、佐藤純彌

次点 ブラック・レイン BLACK RAIN 1989 監督 リドリー・スコット 脚本 クレイグ・ボロティン、ウォーレン・ルイス

要約を先に読みたい方は、こちら 。

1.は、ほぼ同時期に先行して公開された『網走番外地』 公開1965・4・18 監督 石井輝男 脚色 石井輝男 原作 伊藤一 、 と共に高倉健氏が東映任侠映画シリーズの口火を切ったシリーズの第一作です。ただし、番外地』シリーズの第一作は、ストーリィ自体はほとんど無視されているけれど実話の原作ものでした。

その理由からではこちらの『残侠伝』シリーズが、正統な昭和任侠のスタイルを確立したともいえます。

高倉健(以下健さん)と池部良(良さん)の対立と友情に藤純子らが絡む、三人のスターで成り立つ変奏曲の繰り返しではありますが、そこがいいのです。(念のため当CEOは、どちらのシリーズもすべてを観たわけではありません)

第一作の公開は戦後20年たっていましたが、背景は終戦直後でした。率直にまとめれば戦争に生き残った世代が夢想するケジメが背景にありました。

それに東京オリンピックも終わり高度成長が停滞し、学生運動、労働運動も閉塞した社会にいた次の世代が共鳴、共振した作品でした。
ただし、ストーリーの根幹は江戸時代からつづく(正当な?!)復讐譚で、いわば日本人の琴線に触れる伝統的エンタテイメント作劇術でもあります。
『永遠の0』でもゼロ戦を除いて読めば、何となくでもお判りでしょ?

2.公開年度から分かるように健さんのブレーク直前の作品です。伴淳三郎、三国連太郎、左幸子といった一癖ある俳優、女優に囲まれた健さんです。
今となっては健さんゆえにこれからも残る名画、名作となった、といえるのかもしれません。

伴淳(バンジュン)といっしょに行動する刑事役ですがなかなかカッコいい。表面では戦後が薄れる時代や世代をも感じさせてくれる名共演です。

この当時の現代ものの日本映画にはロケーションが多用されていました。ストーリィばかりでなく背景もお見逃しなく。

3.健さんの役はテロリスト・グループのリーダーです。もちろん理由はあります。
ニクソン・ショック、オイル・ショックと貿易立国の経済による国民の生活が外から揺さぶられますが、政府の対応は後手にまわる時代になっておりました。具体的には田中角栄首相のロッキード贈収賄事件のさなかに撮影され、次の三木武夫内閣でも自民党内の混乱で政治が停滞していた時期に公開された。

相手は日本国有鉄道、ターゲットは東京-博多間を走る0系新幹線。(ふつう架空の会社、架空の乗りものにするんですが・・・)

もちろん国鉄の協力は得られません。(実質上の解決をするのは国鉄に勤める人たちなのですけどね)

したがい多くのシーンは模型を写すカメラ・ワークと「撮り鉄」もどきの実写に、車内や運転指令室は(たぶん写真から)再構成したセット(この中で、焦りまくりの『サニー「千葉』ちゃん」真一氏や誠実を絵にかいたような『ザ・ガードマン』宇津井の健さんの活躍)で緊張感を保ちます。

東映特撮も十分合格点です。特撮映画とすればある意味、東宝の『ハワイ・マレー沖海戦』の特撮よりすごいとも言えます。なにしろ「日本国政府」を真正面から相手にしているんですから。

さて、そこに登場するのは(元祖)『非情のライセンス』の「ボス」こと丹波哲郎氏演の警察庁刑事部長が国民を守る国家を代表して一人の健さんを無視し、もう一人の健さんを断じます。 政府はダメでも官僚はしっかりしていたといえるのかな
(元祖)『・・・』は、丹波哲郎氏らが出演した『キイハンター』の中で野際陽子・・・嬢(だったかな当時は、)が歌った曲名です。

映画としては、あれよ、あれよのご都合主義の脚本で、冷静に観れば後味もビター(それを承知の上で観客が感情移入しているテロとはこういうものだという列車内のシーン)ですが、映画はテンポだ、勢いだ!がよく分かる快作です。

次点 健さんは外国映画でも存在感を示します。マイケル・ダグラスと吠えまくるキャバレーのセッションも楽しい。
松田優作氏が持ち上げられているが実質は何をしでかすか理解できない(と思われている)日本人を描いているヒール役ですね。その意味では名演・怪演です。

どちらにしようか迷ったのが、ザ・ヤクザ THE YAKUZA 1974 監督 シドニー・ポラック、脚色 ポール・シュレイダー 、 ロバート・タウン、原作 レナード・シュレイダー

監督のR. スコットは英国人。S. ポラックはニューヨーク派というか、どちらもハリウッドの主流とは異なる感覚で日本をとらえています。

異論はあるかもしれないが、映像としての日本に対する認識は本質に迫ってもいる。後者には「戦争中の東京では広島や長崎よりもたくさんの人が死んだ」なんてセリフもある。

----------------------------------------

ここで上げた作品は健さんは必ずしも主役ではありません。それ故に役者、俳優としての健さんが登場している重要な作品であります。

1.においては、「良さんあっての健さん」です。3.では当時の映画ファンの大半の思いを体現したヒーローでもありますが、いっぽうで、監督たちが据えた「陰の主役」は(大霊界から来たのか、帰ったのか)丹波哲郎の「ボス」であります・・・いまリメイクすると立場は逆転するのかもしれません・・・映画には時代がありますね・・・だからこそ健さんが画面にいることが重要な意味を持ちます。

以降の作品は監督、脚本家、それ以上に観客にとって「健さんありき」の「健さん」が「健さん」を演じる作品となります。そちらは当CEOが推すまでもなく多くの方にとり上げられるでしょう。・・・これらの作品も忘れられません・・・心よりご冥福をお祈りいたします。

批評に 、戻る

キネマ航空CEO

« キネマ航空CEO 読書眼鏡を試す - 『永遠の0』と『蜩の記』を読むの巻 | トップページ | キネマ航空CEO 読書眼鏡を使う - 『潮鳴り』を読んで時代小説について考える »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

正直なところ、Mr.CEO様は、洋画一筋の方かと、思い込んでおりましたー (失礼を)
久々に、CEO様のブログを拝見して、安心?致しましたー

「健さん」のお次は、「文ちゃん」に関するご意見も是非、賜りたいものです。

それにしても、今年は、所謂、個性派俳優と言われる役者が、随分と、
逝ってしまいましたねー

個人的には、夏八木勲なんかも、好きな役者でしたー・・・・・

ma-chan sama
当オフィスにご来訪ありがとうございます。

「文ちゃん」の追悼は今書いている最中です。明日中には完成させますので近日中にまたのご訪問をお待ちしています。
個人的には映画はともかくとして、生き方が好きです。その辺がうまく伝えられるといいな、と奮闘中です。

邦画も見ていますよー!当キネマ航空 005便のチケット(投稿者名がURLのリンク)をお送りします。ぜひご搭乗ください。
ただ飛行機は話題(薀蓄?か)にできる機種が少ない(戦争ものは避けています)ので、なんとか5本まとめて邦画のフライト・プランをつくる予定です。

夏八木勲氏もいい役者ですね(DVDのお蔭で俳優に過去形はない!!なんて・・・)。『戦国自衛隊』にはヘリコが出ていたので、いずれと思っています。

了解です。わざわざの返信、有難うございます。
このところ、急に冷え込んで来ましたー
予報ですと、今週末も、かなり冷えそうです。
季節の移り変わりは、正直?ですねー
くれぐれも、ご自愛下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/60684061

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空CEO 高倉健氏を追悼す:

« キネマ航空CEO 読書眼鏡を試す - 『永遠の0』と『蜩の記』を読むの巻 | トップページ | キネマ航空CEO 読書眼鏡を使う - 『潮鳴り』を読んで時代小説について考える »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30