無料ブログはココログ

« キネマ航空CEO 浮遊するリベラルの憂鬱を考える(2) | トップページ | 『心情リベラルの戦争論を考える』 (「そもそも」論の巻) »

2015年2月27日 (金)

『心情リベラルの戦争論』を考える(「を考え始める」の巻)

前近代国家で行われた蛮行の再現を重ねる自称「イスラム国(以下 IS )」の出現で当CEOの頭に思い浮かんだのが角川映画の『戦国自衛隊』(1979年版)である。

フェイクとはいえ戦車や代演のヘリコプター(シコルスキー S-62)にジープや舟艇など現代兵器を持つ一個小隊が戦国時代へタイムスリップする物語だった。

半村良の中編を原作とする虚構ではあるが、それゆえか日本映画では珍しい本能的な戦争の様相が丁寧に描かれている。近代兵器の兵站を欠いた小隊は全滅するのだが予定調和とは言え骨太の映画であった。

映画は「時空の裂け目(いわゆるタイム・スリップ)」で近代の異質な集団が前近代に現われて自ら行う国造りの誘惑(歴史の改変というSFのもつテーマ)にとらわれるのである。

しかし、中東から広がる現実は、近代社会の中に前近代もしくは古代の戦闘集団が現れて国造りを始めたとも思えてくる。

なぜ?なのか、には様々な説明がある。

平和に慣れた日本人からすれば2003年に始まる、存在しない大量破壊兵器に踊らされた自衛隊の海外派遣のためといい、世界史をたどれば地勢や部族勢力の版図といった住み分けの文化を無視した人工的国境を強制した1916年のサイクス・ピコ協定だともいう。

薄気味の悪さでは機動力でユーラシア大陸や中東、インドを席巻し、ローマ帝国の崩壊やゲルマン民族の大移動をもたらしたモンゴル帝国の萌芽とも思えてくるであろう。

ただ、これらは論じる側は、自らを近代国家と自認したうえでの理屈となる。必然的にいわゆるISは国家などではありべくもないテロリスト集団と断じて、日本もこちらに組している。

論じられている側からすれば11世紀の十字軍、さらに前の東ローマ帝国とオスマン帝国の盛衰興亡にまでさかのぼるかもしれない。

いずれにせよ、歴史は「そもそも論」から始まり、論者は都合の良いところまでさかのぼり、そこからの結論に終わる。

たとえば日本ではリベラルもコンサバティブも、現状に存在する多くの相克状態は「ボタンの掛け違い論」となり「掛け直せば論」の展開となる。リベラルの多くは「いつも掛け違い」となるようだ。

どうやら、その理屈ではどうにもならないので、ボタンは「過去に戻って掛け直せ」とか「一つ、できれば二つ飛ばして直せ」とか「常に正しい」とかなんとか単純化して、民主主義(選挙)が大衆に迫ってくる。

ただ、ボタンの位置が、「正しく」あったとしても、「間違って」いても、「掛け直し」て見ても、最悪の事態となる戦争状態に引き込まれる可能性はある。

歴史は平和こそ不安定な状態であることを証明してきている。大体の戦争が平和条約を結んだ後におこる。俗にいえば結婚後に夫婦喧嘩が起こるようなものである。

次回は戦争の「そもそも論」でさかのぼれるだけ、さかのぼってみよう。

« キネマ航空CEO 浮遊するリベラルの憂鬱を考える(2) | トップページ | 『心情リベラルの戦争論を考える』 (「そもそも」論の巻) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/61187725

この記事へのトラックバック一覧です: 『心情リベラルの戦争論』を考える(「を考え始める」の巻):

« キネマ航空CEO 浮遊するリベラルの憂鬱を考える(2) | トップページ | 『心情リベラルの戦争論を考える』 (「そもそも」論の巻) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31