« キネマ航空CEO 「渡辺京二氏の(勝手に命名)ミステリー三部作を解説する」 の巻(解決編) | トップページ | キネマ航空CEO 「歴史と哲学と人口を考える」 の巻 (朦朧編) »

2018年12月26日 (水)

キネマ航空CEO 「歴史と哲学と人口を考える」 の巻 (妄想編)

ふっと、19世紀後半のプロイセン王国、ドイツ帝国の首相オットー・フォン・ビスマルクの名言とされる「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」、が当CEO の頭をよぎった。

「愚者」と「賢者」はともかくとして「経験」と「歴史」の並列、もしくは対比、は何とも収まりが悪いように感じられる。 「してそのこころは?!」とか「その異や如何?」、「そもさん !」と続くような日本人独特の謎掛け、もとい、禅問答風の和風意訳ではなかろうか。

 「什麼生【そもさん】」、当CEO の場合は・・・??「説破【せっぱ】・・・せっぱ・・・せっぱ・・・っぱ」と切羽詰【せっぱつ】まるのであります。

たぶんこれが、(常に鋭いコメントを下さる武兵衛さんをまねて)当CEO の海馬に「哲学や歴史は未来を予言するか?」として残っちゃったのだろう。

渡辺京二氏の「勝手に命名」三部作をまとめる間に、当CEO の灰色に濁った頭脳に脈絡なく浮かんだ事柄を整理してみる回です。 したがい、渡辺京二氏とはほとんど関係はありません 

--------------------------------------

 ギリシャ、ローマそれにインド、中国、オリエントなど大まかに宗教がらみの哲学では人間は変わらないためか説教や箴言として歴史の中では予言の機能はあったと思えるし考えられる。

 だが、近代に入ると人間より個人が多くなり哲学の百家争鳴、宗教迷走の時代となったようだ。

 予言が外れた哲学なり思想としては、その筆頭にマルクスの「資本論」が上げられる。

 資本論の示すプロレタリアート革命は資本主義社会の成熟による過程を経て成立するものである。 たとえ、傑出した指導者が導いたとしても資本主義など経験していない社会から成立した自称共産主義国家がマルクスの言う共産主義革命が成功した、とは言えないのではないか。

 主だった(マルクス・レーニン主義の)共産主義国家を列挙すると、旧ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国、中華人民共和国、キューバ共和国、ベトナム社会主義共和国などである。

 少なくとも資本主義経済の労働者や生産物から生み出されたプロレタリアートが起こした革命ではない。

 突き詰めれば中世、近世の封建主義経済から発生したのでありマルクスの近代共産主義ではなさそうだ。

 不勉強な当CEO はエンゲルスやレーニンはいざ知らず、マルクスの「資本論」に、搾取者と被搾取者、富者と貧者、加虐者と被虐者がいれば直ちに革命が成立すると書いてある、のかさえも知らない。

 しかし、あろうが、なかろうが、自称、他称の共産革命はできたのである。それも含めて考えてみる。

--------------------------------------

 思想に掲げる旗は作れ、指導者も生まれる。 しかし、革命から国家となるとフォロワーとなる人がいなければ成立もしないし動きもしない。 その人とか人民とかがどう行動したのかは歴史でははっきりとしていない。 はっきりしないのならせめて国家となった国民の数だけでもと思いつくがこれもはっきりしない。
 というより外国語で調べる気力もない。以下の展開でほかの国の検証をやってみてね。

 日本語となると明治維新はレボリューションだかイノベーションだか分からぬが日本の近世から近代に変わる時点での基本資料となりそうな文献がある。

近世日本の人口構造」 関山直太朗 1958 吉川弘文館

 近世末期の人口構成は近代の入り口である明治2から3年にかけて版籍奉還のために旧藩に命じて行われた重要統計の中の人別調べから推測できる。 ただし、既に明治政府直轄地となっていた幕府領と旗本知行地の実態は含まれていない。

 この時の人口は 32,794,807人だった。 そこからいくつかの藩を除いて集計した身分別人口は 30,089,401人と集計されており 2,705,496人の欠落が見られる。

 次に政府が明治5年に新戸籍法により調査した結果では人口は 33,131,525人となっている。 前回の2年前の記録より 336,718人増えている。

 これらを大まかな身分別に整理したのが下表となる。ちなみに、この身分別人口統計には家族も含まれている。

 明治維新直後の人口統計(推計)比較(人)
身分 明治3年 明治5年 増減
支配層 1,839,064 1,927,848 88,784
宗門 374,398 292,926 -81,472
平民 27,787,155 30,999,535 3,212,380

・ 支配層には皇族、華族、士族、卒、地士をまとめた。
   明治5年では旧藩大名は華族に参入されたと思われ、521人増えている(大名華族と堂上華族)。
   増加した人口は幕府管轄地の武士階級が繰り入れられたと考えられる。
   卒は仲間、小者等士族の下級家臣や一代限りの士族でのちに士族と平民に分化する。
   明治3年分では皇族(28人)と地士(3,380人)の項はない。地士は名字帯刀を許された有力者。   

・ 宗門には神官・僧尼がある。
   この層のみ人数が減っている。 特に神官の減少が大きく -70,941人となる。おそらく各農村にある小さい神社では兼業や副業で生計を立てており新戸籍法では平民へ移されたのだろう。
  
 ちなみに神仏分離は明治元年と同じ慶應4年からから始まり廃仏毀釈の混乱は明治4年まで続いた。
・ 平民では明治3年分にはエタ、非人、死刑がある。
   大幅な増加分は江戸など幕府直轄の町人、農民の人口を繰り入れられたと考えられる。
   死刑は獄中なのか、処刑済なのか、は分からないが1,066人いた。
   
明治5年の統計では、エタ、非人は平民になり、死刑はない。

 さて、江戸時代の農、工、商の身分は平民となったが、業種別人口ははっきりしない。

明治維新直後の就業人口統計比較(人)
業 種 明治5年 明治6年 増減
15,206,938 15,153,098 -53,840
671,692 688,429 16,737
1,267,401 1,276,864 9,463
1,751,301 1,766,685 15,384
雇 人 300,414 292,885 -7,529
合 計 19,197,746 19,167,961 -29,785

 明治5年の平民の人口に比べて 11,801,789人が消えている。 

 業種別人口は15歳以上の就業人数、戸主は15歳未満でも数えている。家族は含まれていないようだ 。 また、雑(業)や雇人が江戸時代から存在した職種なのか、明治に発生したのかは分からない(後者のように思える)。

 たった1年の違いではあるが農業就業人口の減少が比率順では工、雑、商業への、直接、または玉突き、での職種移動をもたらしている。 漸減していく農業人口からは江戸末期の農業人口はさらに多かったと考えられる。

 いずれにせよ渡辺京二氏が示唆するユートピア人口は 30,999,535人いたはずである、とあげつらうつもりではない。

 身分や職種の人口単位をパーセントで示さなかったのは歴史や統計の中で一人と数える個人には、消えている人や数えられていない人、がいることを示して次の話題に入る。

 徳川幕府の人口調査には除外対象もあり、方法も各藩への委託であり必ずしも統一された方法ではないこと、各藩の意図的な過少、過大報告があることは明治に入っての調査との突合せで解明されている。

--------------------------------------

 イノベーションと思える明治維新はどのようにできたのか、を考えて資本論の予言性を考えてみる。

--------------------------------------

続く

--------------------------------------

« キネマ航空CEO 「渡辺京二氏の(勝手に命名)ミステリー三部作を解説する」 の巻(解決編) | トップページ | キネマ航空CEO 「歴史と哲学と人口を考える」 の巻 (朦朧編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570012/67469106

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空CEO 「歴史と哲学と人口を考える」 の巻 (妄想編):

« キネマ航空CEO 「渡辺京二氏の(勝手に命名)ミステリー三部作を解説する」 の巻(解決編) | トップページ | キネマ航空CEO 「歴史と哲学と人口を考える」 の巻 (朦朧編) »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31