« キネマ航空CEO からのご連絡とお詫び | トップページ | キネマ航空CEO 「マスクに萌える」の巻 »

2020年3月 6日 (金)

キネマ航空CEO 徒然なる儘に擬俳句(はいくもどき)を捻ってみる

離着陸時のエレベーターの逆転の記事を「其の儘」にしておいて何が「徒然」だと言われそうだが、たまに浮かぶ俳句もどきを自己中?、もとい!自己注でやってみた。

---------------------------------起

令和二年 咳(せき)に怯える 国の春
   怎麼生!「国とは?」  説破!「右も左も、上も下も、すべて含めて、前も後ろも見えず、みんなが何処かで共有する時間」

(しわぶき)に マスク一瞥 町の春
   「気になるならマスクしてまで出てくるな、と言いたいがお互い事情もある」

街中や 嚔(くさめ)も憚(はばか)る 杉の春
   「こうなりゃ、嚔(くしゃみ)も我慢するのだ !!」

すべて季重なり、中七字余りもある。

当CEO は五七五の正統芭蕉俳句も嫌いではないがむしろ江戸川柳の方に引かれている。それは、さて置き。

昨今、芭蕉隠密説が現実味を帯びてきているようだ。つまり、隠密として俳聖芭蕉の顔と冷徹な観察眼のスパイが共生していたことになる。

探るべき世情は口の端に上る川柳や書き留められた落首などから収集できる。なかには破礼句もあっただろう。芭蕉も目を通していたと考えられる。では後世に俳聖となる顔はなぜ必要だったのか?

世の中を動かす、あるいは危機感を持つエスタブリッシュメントである豪農、商人、武士などと忌憚なく交わえる人物像を演じるには当時これ以上の地位(ステータス)はなかったであろう。

芭蕉は世俗の一切を「侘び寂び」の中に潜ませることを選んだ。それは一人ではできない。そのための其角と考えたほうが真実に近いだろう。

三何某喜(みなにぼうき)が「其角裏芭蕉」の脚本を書くかもしれない。もちろん、やがて悲しきコメディ*脚注 になる。

---------------------------------承

"You only live twice" は日本語タイトルでは「007は二度死ぬ」となっている。「生きることは死ぬことだ」と日本人らしい邦題ではある。先のリンクの注記では作者のイアン・フレミングは「芭蕉にならって」生きる、と解釈としているようだ。

もう一つ、彼のプロファイルからの解釈もできる。フレミングは第二次大戦時には対ナチ包囲国だった在モスクワ通信社の局長で赴任しインテリジェンスの中核として活動した。終戦の年に帰国して8年後に作家生活に入っている。

見方によれば、帰国と同時に彼はSFでいう「パラレルワールド」の中で作家とスパイの二つの人生を生きていたのではないか。現役時代の彼はジェームス・ボンドのような工作員ではなくMのようなデスクワークだったので日々の生活は変わっていなかったかもしれない。

英国には同じような経歴の作家がいる。彼の一世代後のジョン・ル・カレ(筆名)は在西ドイツ公館の外交官としてMI6のパートを務めていた。その彼、ル・カレは着任と同時期にスパイものの第一作を發表している。

カレがMI6の訓練を終了し西ドイツへ赴任する直前に同じセクションにいた二重スパイにより東ドイツにいた約40名のエージェントが一気に逮捕、殺害されたスパイ組織の壊滅を経験している。

フレミングは荒唐無稽なスパイ合戦で現実を茶化しているエンターテイメントに対し、カレの陰鬱な作風はエンターテイメントとしての評価は低いようだが組織の中にいる個人にとっては、結果のわからぬ計画を立案し工作員を選んで潜入させて苦汁を味わはなければならないスマイリーには麻薬的な魅力があるともいえる。

更に彼らの先輩には「人間の絆」、「月と六ペンス」などのサマーセット・モームがいる。第一次大戦中には劇作家のままMI6に所属してスイスで諜報活動を行い、1917年のロシア革命さなかに行われて失敗した重要な作戦の現地工作のパートを務めていた。

モームには神経を研ぎ澄ましながらもスパイの退屈な日常と直接間接に係わった人間の観察をシニカルに描いた"Ashenden"(1928)「秘密諜報部員」がある。

キリがないがフレミングと同時代のグレアム・グリーンも上げておく。彼は22歳でカソリックに改宗し27歳で共産党に入党。両者(主義であって国ではないようだ)の共通性に生涯シンパシーを持っていたとされるが戦時中にはMI6に所属していた。二重スパイだった上司のキム・フィルビーと折り合いが悪く1943年に辞職。反米的な作品も書きアメリカから入国拒否をされている。スパイ小説の映画化ではないが当キネマ航空900便で「ことの終わり」を取り上げている。

ノーベル賞は貰えないが良質の大衆文学となりえる作品の作家業に求められる人間観察力言語の解釈と表現の能力は諜報活動に非常に馴染みのいい組み合わせの資質となる。まあ、それは英国人だけの特性と言われるかもしれない。

---------------------------------転

「同じ島国においておや」、とまでは言わないが、英国でも吟遊詩人bard)が同等の活動をしていたのではないか。同様の生業(なりわい)は大陸文化圏にも存在する。

芭蕉がその両面を生きて旅していた、としても不思議はない。そして芭蕉の功罪の「」は完全に隠密の生活を文字通り隠しきって「俳聖」となったこと、その「」はそのために本来の川柳や破礼句で大衆の持つ「五七五」そして「七七」の付け句によるエネルギーの発露を切り捨てたこと。具体的には第二次大戦後の高度成長期に入ると「季語と定形」、「ワビとサビ」を切り札(トランプ)に変えた「五七五」として受け継がれることにある。

ちなみに戦前というより日中戦争の最中、1940年には治安維持法による京大俳句事件または新興俳句事件と呼ばれる弾圧があった。戦後創刊の「天狼」の初期1948-53年には事件にかかわった西東三鬼が編集長につき「実在の真実への観入」(三鬼)など社会性を取り込む運動もあったがやがて消えていった。水脈は今も存在するのだろうが知られてはいないようだ。

---------------------------------結(なのだ)

"twice"は「二度」ではあるが時間差で過ごす二度の人生ではない、並行した「二倍」の時間なのだ。
人に見せないがたまにはチラ見せする時間でもあるのだ。

では"only"は?。 お前「だけ」、なのか?「たった」の二倍、なのか?それとも、人生をSMAP日本人が大好きな"only one"「たった一つ」に固執して、あるいは統合して、それともいっぽうを消して、死ぬ過程のことなのか?それは、"you live" あなたの「生き方」次第なのだ。

毒のある老人の俳句や川柳を読むのは毒ばっかりの散文よりずっと楽しいのだ。もちろん作るのも。

そう言ゃ第三句は自己注の追記が必要だった。

街中や 嚔(くさめ)も憚(はばか)る 杉の春
   「こうなりゃ、嚔(くしゃみ)も我慢するのだ !! 
   だけどやって見ると傍からは嘔吐を堪(こら)えて悶えているとしか見えないのだ。
   堂々とやるのだ! 『フェーックショイ!!!』
ついでに『じゅるるー』と啜るのだ

それから温暖化かどうか知らないが季跨り季重なりは認めるべき時代になっているな。そして・・・

* おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな
 隠密説の芭蕉の句として味わうのはいかがだろう。

« キネマ航空CEO からのご連絡とお詫び | トップページ | キネマ航空CEO 「マスクに萌える」の巻 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キネマ航空CEO からのご連絡とお詫び | トップページ | キネマ航空CEO 「マスクに萌える」の巻 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31