無料ブログはココログ

カテゴリー「おすすめサイト」の11件の記事

2012年7月 5日 (木)

キネマ航空CEO FBW を勉強する、 PIO ってなあに?

蔵書書籍の充実がおざなりとなっていた キネマ航空 V.I.P.ラウンジ の《ブックシェルフ》にある「飛行機は、見目麗しく情もある」の分類を拡充いたします。そのため当ブログの文章は全文掲載から抄録に変更いたします。

・ 飛行機の飛行制御の実際 機械式からフライ・バイ・ワイヤへ 片柳 亮二 森北出版 2011

飛行機は安定性と操縦性のバランスで成立している。これらは動安定とか動特性と呼ばれる。具体的には飛行機に対して加わる外乱、たとえば突風、横風などの気象条件のほかにパイロットが行なう通常の操舵や脚の出し入れなどの操作などの人間の要素も含まれた機体の動作特性のことである。

飛行機の操舵はまず操縦席と操舵翼をつなぐなケーブルもしくはロッドやリンクの機械的なメカニズムから始まった。言わばフライ・バイ・ケーブルもしくはフライ・バイ・ロッド & リンクである。やがて飛行機の大型化、高速化に伴ない油圧によって人力を補助するサーボ・メカニズムがこれまでメカニズムに並列に導入された。

やがてケーブルやロッド & リンクがはずされ、操縦席とサーボ・メカニズムとのあいだにコンピュータが追加されて、それぞれを電線でつなぐことになった。

エンジンについても同じように変更が行なわれ、双方のコンピュータのあいだも電線でつながれて相互の連携が行なわれることになる。

これまで直接操縦席に伝えられていた機体に生じた反応は機体各所に配置されたセンサーで得られた情報となってこれも電線でコンピュータに伝えられることになる。いわゆるフィードバック回路から操縦席(パイロット)がはずされることになった。パイロットにはコンピュータで作られた擬似的な機体の反応が伝えられることになる。

これがフライ・バイ・ワイヤー (以下 FBW ) である。

すなわち飛行機は自立しておりパイロットは安定性と操縦性をバランスさせるソフトウェアを組み込んだコンピュータに初期値や修正値となる値(信号)の入力を行う仕事に変わった。そして操舵翼を動かす力仕事から開放された。

本書にはその FBW の長所と短所をていねいに説明している。これらを理解するには微分・偏微分の連立方程式、ラプラス変換、行列式、ブロック線図、周波数応答特性図などなどの高等数学の分野を多少とも承知しておく必要がある。

段々と深みにはまって行く傾向のある航空機ファンにとっては、これまでのような「苦は楽」というより「苦行」そのものになっていくことになる。

幸いなことに本書はそうした理論はほどほどにして18 機種以上の具体例を取り上げて開発の過程やその結果に生じた事故の背景が説明される。

FBW の弱点は PIO と呼ばれる現象である。(以下ラウンジの書棚へ)

おなじ書棚に収蔵しております「飛行機の安定性と操縦性 内藤 一郎 1984」と併読すると飛行機がより面白くなります。ご来訪をお待ちしています。

2012年4月 3日 (火)

キネマ航空700便 エイプリル・フライト就航のお知らせ

さる4月1日に、700便 「飛行艇小説の最終便 - 冒険小説も女性作家が面白い」 を就航させました。お楽しみください。

イスカンダルの秘宝 “Fingernail Beach” リチャード・バトラー(1964) 木戸淳子訳 徳間書店 (1990)
これは翻訳者が女性ですが作家はオーストラリア人の男性ですのでキャッチ・コピーに偽りあり、です。
登場する機体はショート SA.6 シーランド。作品としてはともかく前半は楽しめます。

悪夢のバカンス“SABAGES” (上、下) シャーリー・コンラン(1987) 山本やよい訳 新潮文庫(1991)
イギリスの間違いなく女性作家です。都会育ちの女性5人が巻き込まれたアセアンのどこかの島のジャングルでのサバイバルです。
この女性作家はけっこう残酷なシーンが得意なようです。詳細は本編で!
登場する機体はグラマン・ダックをメインに多数が飛びまわります。

コンタクト・ゾーン(上、下) 篠田節子(初出 2003 毎日新聞社) 文春文庫(2006)
スケールが大きく良質のエンタテイメントを手がける作家としては日本の筆頭といえる女性作家の手になります。
「悪夢のバカンス」のパロディともオマージュとも取れますが実質は日本人論にもなっています。
これには飛行機は出てくるのですが飛行艇は出てきません。

以上の三作品の舞台はいずれも南洋と呼ばれる地域ですが通して読むと飛行艇の衰退が分かります。

最後に飛行艇ファンにはかすかな望みとなる話題を囲み記事としました。
ご搭乗をお待ちしています。

2011年10月 8日 (土)

キネマ航空CEO スチュワーデス(スッチー)からフライト・アテンダントがキャビン・アテンダント(CA)になるまで、について考える

次回のフライトはスチュワーデスが活躍する映画を上映する予定です。

  Kinema-Air Flight 008 AVAILABLE since April 27 2012

いうまでもなくスチュワーデスはスチュワードの女性形の名詞です。その直接の由来もしくは語源は客船の接客乗務員からきています。

この職域に女性が進出したのは飛行機による大量の旅客輸送が始まりアメリカ大陸横断が30時間弱にまで短縮されたころ、1930年にボーイング・エア・トランスポート(現ユナイテッド航空)に採用された看護婦資格を持つ8人の女性たちからでした。

ちなみに日本においては翌1931年に東京航空輸送社ではじまりました。ヨーロッパより先駆けており意外と進んでいたんですね。

考えてみればこの当時の最新鋭機でも与圧も暖房もなく気流は安定しない高度を飛行するのですから気分が悪くなる乗客もいたでしょう。まただれもが空を飛びたいわけでもなく空を飛ぶこと自体に不安を持つ人も多かったことでしょう。

大量輸送の手段を手に入れた航空会社は乗客を増やし事業を拡大するためには女性にも乗れるということを効果的に示す必要がありました。

ことばは悪いですが世の東西を問わず女にできることが男にできないなんてと男の自尊心を刺激するという意味では現在の民間航空の隆盛は女性によって切り開かれてきたといっても言い過ぎてはいないはずです。

当時の日本では「エア・ガール」と呼び流行語にもなったようです。当然ながら日本人お得意の和製英語です。

その一方では、大衆紙の中で「空の麗人」とか「空中の女給」と訳されて使われており、日本人の感覚には誕生当時から現在の「スッチー」から「CA」に通じる幅に広がっていたようです。

「スッチー」は現衆議院議員の田中康夫氏が命名したのか、広めたのか、スチュワーデスの愛称または蔑称として膾炙しているようです。

スチュワーデスには縁のない当CEOの記憶では、同じころに広まったことば「合コン」に付き合ってくれるのが「スッチー(Sttsie? or Sootsie?)」で、その前は「デス(Dess)」だったような。

ただしこれは日本だけではなく欧米でも似たようなもので、むしろ航空会社間の競争が激しくなると「Coffee, Tea or Me?」のイメージを積極的に利用していたふしもあります。

日本などでは女性のエリート職、高給職ですがアメリカでは看護「婦」のイメージを使ったブルーカラー・ワーカーとして誕生したのでした。

1970年代にはアメリカで性別や人種の表現を伴わない言葉に換える「ポリティカル・コレクトネス」がはじまり「スチュワーデス」は、ついでに「スチュワード」も、「フライト・アテンダント」とか「キャビン・クルー」と呼びかえられます。

これらの変更はもともと名詞に性別がある欧州の言語にも浸透しているようです。ちなみにフランスではこの職業の誕生時からオテス・ドゥ・レールでした。英語に直訳するとエア・ホステス。これを「空の女給」と日本語に直すと間違いです。

英語またはフランス語からのグーグル翻訳でも日本語への変換は「エアホステス」まで、です。「女給」を外国語に訳す場合は「Jokyu」が正しい。えっ!?「ポリティカル・コレクトネス」に適合していない話題ですかね。

さて日本語の公式名称では「客室乗務員」です。直訳では「Cabin Crew」のはずがなぜか和製英語の「キャビン・アテンダント(CA)」となって定着しているようです。

-----------------(ここから ↓ )-------------------------------

理由はたぶん日本人のもつ短縮形に対する語感からだと思うのですが・・・こんなぐあいに

どこかのTV会社のプロデューサーか雑誌の編集長が「フライト・アテンダントもの」の企画会議で、

「なに?スッチーはもう使えない?・・・アメリカ政府の横暴だー・・・
強権帝国主義のことば狩りには断固として戦おーっ!!・・・ ρ(`O´*)

・・・出席者一同 ~(゜∀゜;)・・・

・・・あ~アメリカはともかくだ、
製作協力が航空会社じゃ、そーもいかないか?・・・(´・ω・`)))
長いものには巻かれろたって長いなー・・・!ん、縮めてみろってか?・・・F・A・・・

えふ・えー・・・?

・・・フリー・エージェントと同じだぞ、
いくら派遣のスッチーが時代の流れといっても いきなり『FA物語』 じゃ実も蓋もないだろーが・・・ ´A`)」

「で・・・、キャビン・クルーだと・・・C・C、 しー・しー、だ・・・レモンの親戚か??
・・・どーも俺にはすっぱいぞ・・・(若い人には意味不明ですが)・・・

(遠い目で・・・クラウディア・カルディナーレC laudia C ardinale)って俺たちまでだろうなー・・・
・・・アモーレ、アモーレ、アモーォレ、アモレ・ミィ~オ~・・・ (ノ´∀`*)・・・)」

「それに、『Cabin Crew』があれば『Cockpit Crew』もあるんだろー。
どっちも同じ C・Cじゃないか! ( ̄‥ ̄) 」

「ほかにないのか?!・・・ひと山幾らの檸檬ども・・・ヽ(#`Д´)ノ

いいか、こーいうときは・・・両方の単語をいったん分けて・・・だな・・・それからくっつけて、

F・C・・・と

えふ・しー・・・は、フットボール・クラブだし、
横浜FC・マリノスがあるンだよなー・・・ (ノc_,・;)ハアー・・・ 」

「残るのは、しー・えー・・・か・・・(;´ρ`)

C・A・・・ ∑(。・д・。)b ! ・・・

Cabin・・・Attend・・・ant・・・

(小部屋)?で、(おもてなし)?を・・・(してくれる)人?!・・・( ̄ー ̄;)

(この場合の「おもてなし」は「付き添う」とか「世話をする」などで、「介護する人」 の意味だけど・・・そろそろ必要になるお歳のわりには元気一杯のおとーさんは、何を思ったのか)

しーえー・いーねー。「CA」、 これ行こう!!!、これで決まり! o(^∇^)o♪ 」

・・・と。

まあ言葉としての「キャビン」には「ログ・キャビン」のような小屋、軍艦の将校居室などの『狭い空間』の意から転じて(船のような)孤立した、あるいは(飛行機などの)密閉された中に多数の人間のいる客室、さらには貨物室など主に乗り物の『広い空間』も指すようになったようです。一般的には前後の関連でどちらかに解釈する単語としていずれにも同じ重みで使われています。

ちなみに「クルー」には個々の任務を限定しないで同じ空間で働くチームの中の一人の意味も含まれています。いっぽう「アテンダント」は内容は曖昧ではありますがなにかに特定して人のために仕事をする人をしめす単数形の名詞で使われていますね。

こうして平ー和な日本で平成のとある日、教養ある優秀な日本のTVプロデューサーか雑誌編集長が単語の語源や用法を駆使して「CA」を考え出して、横ボーな某大国の強権主義的言語統制に断固抵抗していたのですねー。

今では同志はもとより女性の支援者もけっこう集まってきてCA評論家まであらわれたようだし・・・

(ポーン)

おっ!
バーチャル・エアラインズ・アライアンスのトップ、エールジャポンの竜子CEOから業務連絡。

「レッド・カード!! \(───、 ─── メー );

だれかの教養の問題じゃない!全ては教養ある└((´э`))┘キネマ航空の プロデューサー 兼 編集長 兼 CEO の妄想の問題でしょ! ( #`Д´) 

日本では平ー和に定着していることばに波風立てちゃって、ε=(´。` )

いくら優秀でも ドーコガ(^^#)ドーダカ
キネマ航空をアライアンスから除名する理由に該当するよーっ!! (*- -)ッタク

キネマ航空CEO返信、

「あッ、はいッ! 「スッチー(*´ー`) 」の話になると、アライアンスの運行規約でお約束した品位をすっかり忘れ・・・て・・・し・・・まい・・・

・・・つい (´・д・`;)

除名だけはお許しを・・・!! ドーカ m(_ _)m オネガイシマス

(顔文字については「顔文字屋」さんのサイトを参考に、一部変更させていただきました)

-----(と _ ここまでには一部に事実も含まれてはいますが、あらかたは読まなかったことにして)-----

(承前)

ただ、「週刊飛行機ダイスキ!」ファンはご承知のとおりIATAの決めた航空会社の2レター・コードでは、"CA" は中国国際航空股?(人偏に分)有限公司を表します。したがい「Cabin Attendant」であっても「CA」と短縮したり発音をするのは航空業界の用語として無理があります。

「キャビン・アテンダント」は航空業界が先導して使いはじめた用語ではないことは確かだと思われます。

「CA」が世間一般に認知されたのは小学館「ビッグコミックスピリッツ」に2005年から2007年2号まで連載された花津ハナヨの漫画 『CAとお呼びっ!』 とそれを原案にして2006年に日本テレビで放映された同名のドラマからと思われますが原作者の花津ハナヨ氏が「CA」を創作したのかどうかは定かではありません。

TVドラマの撮影には ANA もかかわっており、この時点で航空会社もスチュワーデスの呼称を変更する必要性は認めていたものの主導権は持たず「CA」を黙認ないしは静観していたようです。

現在では JAL は単に「アテンダント (AT)」、ANA では「スカイサービスアテンダント」を用いているそうです。また日本のその他の航空会社でもそれぞれに特有の呼び名をつけて社外に対しては「おもてなし」の、社内に対しては「身分」の、差別化をはかっているようです。

なおANA SKY WEBの企業情報のページでは「スカイサービスアテンダント」となっていますが採用情報ページでは彼女たち自身が自分の氏名の後に「CA」を使ったページもあります。

スチュワーデスであったときもキャビン・アテンダントに変わってからも、その呼び名には、職業人として、人間として、誇りもあれば意地、も込められています。そうした彼女たちが活躍する映画5本を近ぢか上映いたします。

あっ、それからアメリカン・スタンダードの押し付けはお嫌でしょうが、言葉としては単数を強調する場合は働く場所を示す「キャビン」ではなくて、働く時間を限定する「フライト・アテンダント」のほうが正しい用語であること、無理やり短縮する必要は無いことをご理解頂いたところで、

Kinema-Air Flight 008, COMING SOON! ご期待下さい。

Kinema-Air Flight 008, AVAILABLE since April 27 2012

キネマ航空CEO

謝辞

ご搭乗いただいた、「週刊飛行機ダイスキ!」の竜子さんは決して「テメー」などとおっしゃる方ではありません。当キネマ航空CEOの戯れ言に快くお付き合いいただきましたことに深く感謝いたします。今後とも当CEOもダイスキ!な「週刊飛行機ダイスキ!」で未知の「飛行機をめぐる世界」にお誘い下さい。ありがとうございました。

2011年10月 2日 (日)

キネマ・エアフィールドのリニューアルと YouTube 活用法

Welcome aboard !

ほんの少しのリニューアルです。お気づきのように各ページのトップにコーポレート・カラーの帯を入れただけです。

これに加えて FLIGHT INFORMATION に縦のスクロールを加えました。スクロール中もリンクのクリックやスクロール・ホイールなどのマウス操作は従来と同じように可能です。

また、これまでフライト順に掲示していた案内から新規フライトを上位に置くことでご搭乗しやすくなるよう改善をいたしました。

縦スクロールは通信状態やOS、ブラウザーの種類、バージョン、設定などで開始しない場合もありますのでその場合はご容赦下さい。

さて、この映画のエンドロールを模したフライト・インフォメーションに加えて各フライトで上映するタイトルや上映中に紹介した関連作品のタイトルには原題(主に英語)を併記してあります。

これらは次のようにご活用いただけます。 Google Bar がブラウザーに組み込んであれば YouTube の起動ボタンをそのバーに表示させておく。よろしければ検索言語に英語も加えておく(詳細は YouTube の案内で)。

次にキネマ航空のフライトで気に入ったタイトルをマウスの左クリックでドラッグして反転選択させた状態で YouTube のボタンを押すとそのタイトルに関連した投稿が表示されます。その中から Trialer (予告編)などを選んでご覧頂くことができます。

掲載されている中には 「タイトル+ Full Movie」 という表題名もありますが有料のサイトへのリンクが多いようです。トランジットされる場合はご注意下さい。

また、1/10~10/10 などと分割されているケースもあります。こちらの場合は特に問題は無いようですが画像の質は低いようです。しかしDVDなどでは接することのできないタイトルも多くあります。ご活用ください。

すごい時代になったものですね。

それではキネマ航空のフライトへまたのご搭乗をお待ちしています。

キネマ航空 CEO

2011年5月23日 (月)

キネマ航空CEO 武田一男氏を追悼

このところ先方はこちらを知らないけれどこちらは先方を存じ上げ深く敬愛する方々が次々と旅立たれました。

この方々の残された作品やお姿にはこれからも接することはできますが、新しいお仕事が突然途切れることは逝かれた方々より残ったほうが無念でもあります。

その中のお一人 航空界の音の記録者として、またその第一人者として著名な武田一男氏がお亡くなりになりました。

氏の著作には 「機長席」 朝日ソノラマ 2000 など数々あり、最近ではWebやモバイルのアプリケーションで音と映像のコラボレーションに後進の方々と取り組まれていました。

声には人の心が聞く側の心に直接触れてくる力があります。また機械音に過ぎない爆音にも機械と機械と共にいる人との間の共鳴音を読み取ることができるようです。

氏の音や声へのこだわりからの映像へのアプローチは病を得て道半ばとなりましたが双方に後進の方々を育成されておられました。また、時代に先んじてWebを通しての飛行機を愛する人たちのつながりを進めておられました。

そして残念にも当CEOがその謦咳に接する直前に旅立たれてしまわれました。

キネマ航空CEOは、人それぞれに与えられる命運の中で、かくありたき人生をまっとうされました、を追悼のことばとしてご冥福をお祈りいたします。

キネマ航空ご愛用の航空機のファンの方々には次のリンクにてご弔問をいただき、氏の生き方を偲び、追悼の花を一輪供えていただければと、ご連絡いたします。

http://press.airjapon.com/?eid=746

http://press.airjapon.com/?eid=747

このリンクにて氏の作品の粋(すい)の一端が公開されています。

キネマ航空CEO 署名

2011年5月10日 (火)

キネマ航空CEO後悔と名言について考える

キネマ航空700便の2011年5月4日付けのフライトで「逃げる男のバラード」の作中でフランス語の箴言も学べると書きました。
http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/flight700.html

使われる状況は作品を呼んでいただくとして、それは以下のような言葉です。

De ne se repentir de rien est le commencement de la saggess. 
ド・ヌ・ス・ルパンテイール・ド・リヤン・エ・ル・コマンスマン・ド・ラ・サジェス
「何事も後悔しないことが知恵の始まり」

日本語では「あとの後悔先に立たず」とか「覆水盆に返らず」などが思い当たりますが、それぞれに語源はあるとしても日本人は「後悔」はしてはならぬもののようです。

そのために事前に「ああしろ、こうしろ」の講釈ならまだ良いほうで、事後に「なぜ、ああしなかった!こうしなかった!」と他人様からの説教と対になるのが日本語の「後悔」のことわざの使い方のようです。

最近は「反省しても後悔するな」という言葉も作られているようです。しかし用法自体が他人から言われる文体であり、自分で使うとなると何となく言い訳めいているのかなと感じてしまいます。

その点、フランス語では「後悔なんて個人の感情であり、そんなもの個人で吹っ切れ」と自分自身がいっているようです。

でも、日本人は極端な状況設定になれば洒落た言葉も出てくるようです。歌舞伎の土壇場で「首が飛んでも動いて見せらあ」なんてこれぞ名言ですね。もちろんエンタテイメントの世界でですが。

日本人は外国の言葉を適当に換骨奪胎できる才能があるようです。

たとえば「風と共に去りぬ (Gone with the Wind)」のラストのスカーレットのせりふ“・・・. After all... tomorrow is another day.”

は菊田一夫の舞台版ではこう訳されています「・・・。・・・明日は明日の風が吹くわ。」、直訳すると「明日は別の日だ」ですが、原題にある「風」に掛けて使ったようです。

もともとの「風」は、スカーレットが明日になれば帰ってくるかも知れないと望みを託すレットがアトランタの陥落の日に「南部の文明も風(市民戦争=南北戦争)と共に去っていく」と言うせりふからとられています。

明日は明日の風が吹く」のフレーズは石原裕次郎の歌やいろいろなところで使われており「風」という言葉には俳句の季語のような感覚を呼び覚まし日本人の後悔の処し方に近いものがあるのかもしれません。

日本にはもっと突き抜けたせりふで「江戸っ子は宵越しの銭なぞ持たねえ」ってえのがあります。
これにはいろんな理由付けがあるようです。

一般的な背景には「明日も約束された仕事があるという社会システムがあったから」ということでしょうが、フランス人的な後悔(知恵)なぞ吹っ切った先にある心境かもしれません。

日本人の当CEOは江戸っ子の「宵越しの銭」には及びませんが「晦日(月末)越しの金」は持てない生活です。無数の後悔をしていますが知恵は出てきません。

当キネマ航空CEOの信じる迷言 「後悔はするためにある」 が後世に残りますように。

キネマ航空CEO 署名

2011年5月 3日 (火)

キネマ航空CEO発表 WEB エアラインズ アライアンス フリート を就航

エール・ジャポンとのアライアンス提携によりキネマ航空はエール・ジャポンのハブ空港をファイナル・デスティネーションとする共同運航のキネマ航空700便の就航を開始します。

メイドン・フライトは 2011/05/04 20:00 を予定しています。チケット(リンク)を発券いたします。

http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/flight700.html      (5月4日 追記)

同便はフライト内でのリンクが同便内とエール・ジャポンのみとなっております
WEB上でのギミックですのでブラウザのバック・ボタンで戻れますが、同空港でのトランジットのお時間をお楽しみ下さい。

エール・ジャポンの空港の拡張計画が完成後には同空港内にキネマ・エアのカウンターも設けていただく予定です。

なお、700便は空港到着までの時間を読書で楽しんでいただくという夜間飛行のコンセプトであります。

内容は大きく分けて、

エール・ジャポンのライブラリからのチョイスとキネマ航空CEOの書評(雑文)で主にエンターテイメント系を中心に追加便を随時出発させる予定であります。

初飛行でお奨めするのは

エール・ジャポン より

・飛行機の歴史 山本忠敬 福音館書店 1999
・マイナス・ゼロ 広瀬 正 河出書房新社 初出 1970

キネマ・エア より

「知られざる英国女流ミステリ作家たち」として
・逃げる男のバラード シェリイ・スミス(1961) 永井 淳訳 早川書房(1963)
・盗まれた意匠 メアリイ・ケリイ (1961) 中桐雅夫訳 早川書房 (1964)

いずれも作中に飛行機が出てきますが名前は書かれていません。
読者が年代と場所そして小説の背景としてふさわしいその機種名を想像してみるという趣向です。

そのほか、
・A FIELD GUIDE TO AIRPLANES OF NORTH AMERICA / HOUGHTON MIFFLIN COMPANY
・A FIELD GUIDE TO THE BIRDS OF JAPAN フィールドガイド 日本の野鳥 / 財団法人日本野鳥の会

を用意いたします。

繰り返しのご搭乗をお待ちしています。

キネマ航空CEO 署名

2011年4月26日 (火)

キネマ航空CEOの重大発表 エールジャポンのアライアンス傘下に入る

キネマ航空ご愛用のパッセンジャーの皆様、四月吉日を持って以下の声明を発表いたします。また運行の詳細につきましては後日に発表いたします。

--------------------------------------------------------------------

キネマ航空CEOは、このたびWEB航空会社として皆様のさらなるご愛顧とご期待にお応えするため、音声・音楽・画像・レポート記事など、総合航空エンターテインメントの有力WEB航空会社であるエールジャポン傘下のアライアンスに入る申請を行いました。

エールジャポンは飛行機が好きな方ならすぐわかるWEB外でも著名な方々が実名で、ひょっとすればあの方か?と思われる方がコードネームでパッセンジャーとなられているハブ空港で運行されております。

また同空港の中核を成すエールジャポンは絵本から硬派までの幅広い分野の航空ブックやマガジンレビューにも特色があり、キネマ航空の手薄な分野をカバーしていただく予定であります。

一方、キネマ航空は映画の分野で多少の貢献ができ、合わせてキネマ航空CEOの独断と偏見に鋭いご指摘を頂くことで両者のWIN-WINの関係を継続すると共に両社のパッセンジャー各位の満足度が向上されることを目的としています。

これに伴いキネマ航空著作物のWEB上での使用権とキネマ航空の品位(あるのかね)を落とさぬ編集権をエールジャポンのCEOにお渡しします。

したがい、エールジャポンの画面にキネマエア各フライトなどからの文章や画像が登場しても何の問題もありません。その場合の全ての文責と文中の著作権の管理責任はキネマ航空CEOにあります。

また両社共に品位ある(あちらにあってもお前にあるのか?)相互乗り入れの実施をお約束いたします。

キネマ航空 CEO

-----------------------------------------------------------

両社の概要

エールジャポン(AIRJAPON) 

Airjapon_logo

通称 エールジャポン航空
レターコード AJ (アルファ・ジュリエット)
本拠地 週間飛行機ダイスキ
 URL http://press.airjapon.com/?eid=10 
空港管理者 竜子(たつこ) Airjapon航空のCEO兼、広報担当。
愛読書は「少年少女 世界の文学全集」で、発想は幼いがもうじき3周を迎える辰年生まれ。
タモリさんと黒柳徹子さん、川久保玲さんに刺激を受け、すくすくと育つ。
好きな美術家は宮島達男さんで、現在、電気に浸かった生活を送っている。
外見は…黙秘。
ツイッターアカウント:airjapon
----------------------------------------
Airjapon航空・広報部長より
----------------------------------------
Airjapon広報部が運営しているWEBサイト「週刊 飛行機ダイスキ!」にて、航空はもとよりエンターテインメント業界で活躍中のゲストを迎え、多彩なコンテンツを配信中。
コックピットドキュメンタリー、航空音楽、エッセイ、写真、動画などを通して空と飛行機の楽しみを味わう、がコンセプト。

キネマ・エアラインズ(KINEMA AIRLINES)

Logo

通称 キネマ航空 
コールサイン Kinema Air
本拠地 KINEMA  AIRFIELD キネマ・エアフィールド
 URL http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/index.html
空港事務所 キネマ航空CEOオフィス
 URL http://kinema-airlines.cocolog-nifty.com/blog/

創業時はインターナショナル・キネマ・エアポートを名乗っていたが業界を見渡すに、実力は滑走路一本のエアフィールドであることを自覚した。
同CEOは殊勝な割にはいい歳のようだが事務所では仕事をしている様子が見られない。

CEO本人は最近、孤高のブッシュパイロットを気取り出したが、隣接するキネマ・エアストリップのほうであちこち引っ掻き回すバーンストーマーが本性らしい。

2011年4月 6日 (水)

キネマ航空CEO ミュージアムの展示案内をリリースする。

キネマエアラインズは、運営する博物館に4月5日付けで「 続 誘導抗力について 」の常設展示を正式に公開した。

同展示は「揚力について」の展示から始まる三部作として一応の最終展示品とする。

http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/museum.html

揚力について」では
揚力の説明にいくら等価な物理現象だからといって、
・ 風洞実験のイメージをそのまま説明図につかっているのはおかしい。
・ そもそも翼の周囲を回る循環流は実在するのか?幾何学でいう補助線でしかないはずだ。
・ 境界層は流体と固体との間にだけ存在するのではない。
・ 日本が科学立国を目指すなら揚力の式はニュートンの第二法則にしたがって書き直すべきだ、

などと直言した。

誘導抗力について」では
・ ニュートンの第二法則による解釈を展開して誘導抗力の理屈だけは説明できること
・ 数値的な解はニュートン力学では得られないこと

などから強引な解釈で地面効果を結びつけたがこれは間違いであることに気付き訂正する予告を末尾に追加した。

続 誘導抗力について」に至っては、
・ 地面効果の原理は二次元翼の解釈と説明で理解できること。
・ 三次元翼で揚力に必要な空気と誘導抗力に使われる空気の質量流量の比は
  二次元翼の揚力係数の二乗÷(抗力係数-揚力ゼロの迎え角の抗力係数):円周率×アスペクト比
  と想定されていること
・ アスペクト比が4-6だと後者のほうが小さいこと。
・ 誘導抗力の説明にもいろいろあるがCEOの頭では理解できないこと、

がわかり、誘導抗力に気が付いた技術者がどう対応したかの実例を展示した。

いずれキネマエアラインズのハンガーに展示する計画があるが担当マネージャーの能力次第でいつになるか不明である。

もともとの構想であったアスペクト比の大きな翼では中央は二次元翼のままで両端からある限定された範囲で誘導抗力を作っているという仮説にアプローチした顛末をご堪能いただきたい。

なお、当博物館の展示方針は 「博物学に含まれるいかがわしさも楽しみの一つ」 である。

以上、展示作業の一段落に伴い、キネマ航空CEOは担当マネージャーに至急フライトの増便にかかるよう指示をした。

----------------------------------

担当マネージャーへのインタビュー

「部下が欲しいといったら、CEOは無給、持ち出し、だ。と一蹴された」

2011年1月14日 (金)

キネマ航空CEOの時間管理

普通のサラリーマンやウーマンはサイレンなりチャイムで時間をコントロールされています。

しかし当航空のCEOは在宅勤務のため自由といえば自由ですが興にのると翌日にとんでもないことになります。

そこでCEOがデスクトップに置いて愛用しているのがこれです。

Pri_20110114172135_2

ごらんのとおり世界地図上に日の出、日の入りの線を描き昼夜のエリアを示しています。

江戸時代は日出、日没を基準に昼夜を6等分さらに4等分した不等間隔の時間を採用して人間の生理に合わせて生活をしていました。

この時計は世界レベルでデジタルをアナログに変えて感覚的に教えてくれます。

表示は昼夜を分けたバイナリ、明るい側に翳を延ばしたグラデーション、それに都市の明かりが灯るライトがあり、それぞれ左側の地球儀だけの表示も可能です。

地球儀は任意の都市または位置に移動し、選択した都市や位置の日付や時刻がデジタル表示されます。そのほかにも黄道上からの視点にしたり作者のセンスが光ります。

個人的にはグラデーションに日没後の薄暮、日の出前の薄明をくわえてほしいところですがバイナリ表示でも何となく分かります。

Webでリアルタイムの世界を相手にしている人たちにお勧めの一品です。

Googleで「地球儀時計 Glock」を入れて検索するとヒットします。ぜひお試しを。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31