無料ブログはココログ

カテゴリー「携帯・デジカメ」の1件の記事

2013年12月27日 (金)

キネマ航空CEO 一年を振り返る

キネマ航空ご愛用の皆様、

早いものでもう2013年も残りわずかとなりました。

当CEOが前職をリタイヤする前は気持ち的に会計年度(FY: Financial Year/ 4-3月)で一年が回っていました。・・・が、今では暦年(CY: Calender Year/ 1-12月)で生活することになじんできています。

しかし、一方では、気分的にではありますが月齢カレンダー(Luna Calendar)をダウンロードして壁紙にしています。

さて本年は、正規のフライトとしてキネマ航空 009便010便 の2本の増便が果たせました。ご搭乗いただけましたでしょうか?

また、当オフィスで連載中のカテゴリー 「オスプレイ」を中断しておりますが、「特定秘密保護法」にはまったく関係ありません。だいたいが公知の情報を組み立てて独断で話を運んでいるだけです。

と、いうことは、関連法案として「デマゴーグ規制法」が成立すれば解釈次第で閉鎖に追い込まれるかもしれませんけれどね。でもね、そうなれば今の与野党ともに、政治家も失業することになる・・・はずなんですがね。

類は友を呼ぶで、日本も周りの国と同じような「民意」と「衆愚」と「デマゴーグ」の時代になりそうな予感もします。

とはいうものの、現実には、自由主義のなかの普通の国でも、一国のリーダーはこの三つを見極めてリーダーシップをとるのが政権、と言えます。

安倍晋三氏は民意がどこに向かうかを先に見抜きましたね。戦後の理想民主主義の本流と民意が思っていたはずの民社党が金だけはまだある三代目やスッカラカンで去る気ない市民運動家でリーダーシップの限界を示しちゃいました・・・(民意が選んじゃった)からね。(閑話休題)

さて、来年はオスプレイのカテゴリーを再開する予定で資料を収集しております。そのため、過去の記事を読み直してみました・・・が、誤字、脱字はもとより我ながら「閑話休題」どころか「話の逸脱」が多すぎます。

来年は、まずこれまで(本筋)の要約から始めなければ、と思っています。

Telephoto_camera--------------------

はなし替わって、当CEOは秋に入って、この夏の酷暑の中で、愚堕々々(グダグダ)になりながら構想していた、飛行機と鳥のスナップを目的とした35mmフィルム、フル・サイズの画角で600mm相当のコンパクト・デジタル・カメラをようやく完成させました。 

手持ちのカメラに、通信販売の部品や友人にオークションで落としてもらった「たぶん上手(うま)くいくだろう買い(これがホントの大人買い!金で買い占めるのは子供でもできる)」の中古部品を組み合わせて、何の改造もせずに組んだだけです。

したがい、周辺光量が落ち、当然のことながら合焦、測光その他によるタイムラグ、連写速度などの性能では、飛行場や湖のそばで見かけるン百万円の高級な一眼レフのシステム・カメラには及びもつきません。

でも1:1のフレームで当事務所に掲載する分には十分と思えます。

.

試写した結果ではフレーミング(照準)と手振れの防止にはかなりの習熟とカメラ側の機能メニューの理解が必要のようです。

画質がどうのという前に高いカメラを買わなくてよかったと痛感しました。「弘法は筆を選ばず」だそうですが「下手は道具を選ぶべし」です。

.

ただ、ベースにしたニコンのデジカメは多くのボタンやダイヤルを右手の指で操作するのですが、写真のように釣り紐(ストラップ)を付ける部品が突起となっており操作の邪魔になっています(写真参照)。他社の同クラスの製品を見ると工夫がされているのですがね。

ここで余談。日本光学は戦艦大和の測距義を造った技術で、戦後の精密光学機械をつくり、世界を制しているという論理がよく使われます。工学技術としての零戦の場合と同じように、この論法で、だから日本は今でも素晴らしいという論旨の評論はあまり信用しないほうがいい時代にもなってきたようです。(まだ懲りない閑話休題)

--------------------

.

このカメラで当地の上空にできたコントレールを写してみました。飛行機雲ができると天気は下り坂となりますが、それはそれとして、来年は爽やかな気持ちのよい年になりますように。

Contrail_a

Contrail_b

Contrail_c

Contrail_d

Contrail_e

飛行機雲はこんなぐあいにも消えてゆくんですね。大きな画面で細部をみると不思議な美しさがあります。写真に残すと気が付かなかったことも見えるようになるかもしれません。

またまた余談ながら、四周を見ることのできる戦闘機のパイロットには自分の機が曳くコントレールは灰色のもやにしか見えないと、どこかで読んだ記憶がよみがえりました。

---------------------------

来年もキネマ航空はご期待に添える増便を続けます。各便へのご搭乗を心よりお待ちしています。

皆様も、よいお歳を重ねられますように・・・もとい!歳なぞ忘れてよい年を、お迎えされますように!

キネマ航空 CEO 拝

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31