24H JST ANALOG CLOCK --- OUT OF SERVICE

JST Clock runs on Shockwave-flash. Zulu Time=JST-9

無料ブログはココログ

JST Clock runs on HTML5

« ミュージアム展示のヒントが見つかった! | トップページ | キネマ航空CEOの不覚 »

2011年1月22日 (土)

キネマ航空CEOのアイキャンディ

写真は当CEOのお気に入りのブルーべリーです。

森林散策会という里山歩きの活動で知り合った山奥のブルーベリー農場主から分けていただいています。

Blueberry加工濃縮したブルーべりーの効能はテレビのコマーシャルでさんざんと聞かされますが実効のほどは分かりません。

愛用している理由は農場主お奨めのチルド・ベリーがなんとも気分転換にいいのです。したがい効能があると感じられます。

農場主としては需要にあわせてジャムにして付加価値をつける目的で冷凍保存をしているようです。

しかしこの保存状態でシャーベット状になった実を5粒ほど齧るのが刺激となっていいのです。

たまにはヨーグルトに落とし込んでもいいです。ブルーベリーにも種類があるそうで果肉が白い大き目の品種が個人的には気に入っています。

たしかラビット・アイだったと思うのですが確めて報告します。

農場主とすればありがたくないお客ですが一月に一度ドライブがてら出かけます。農繁期には労働力が必要なようです。

近くに公営の温泉もあります。手伝いに行って多少は生産的なお手伝いをするのも罪滅ぼしかなと思っています。

さて先回の江戸時代の時間表示の記述が中途半端でした。

星が見えなくなるときを卯の刻三つ(明け六つ)、星が見えはじめたときを酉の刻三つ(暮六つ)としていたようでその前後に各々季節によって変わる約1時間が卯の刻、酉の刻となります。

何で朝鳴く酉が夜の入口かなどと聞かれても分かりません。たぶん鳥目になる時間だからでしょう。で明け方見えてくるとうれしさのあまり鳴くのですかね。

話を戻し残りを5等分して刻が決まります。でその刻が4等分されて一つから四つになります。ここで等分といっても数学的等分ではないはずです。

補正するには太陽が南中する午の刻三つ(真昼九つの正刻=正午、午前、午後の原点の午がこれ)がありますが、夜の子の刻三つ(真夜九つの正刻)はどうしていたのか。寺鐘を鳴らすお寺などではお線香番がいたり蝋燭時計、水時計、和時計がある程度は普及していたのかも知れません。日本人の創造力や勤勉さの原点のような気がします。

刻の名前も干支のほかに変則的に九から四までの逆順で並ぶ六つの数字を使った呼び名もあります。前者は怪談話の「草木も眠る丑三つどき・・・」、後者は「刻そば」を思い出します。あらためて聞き直したいですね。

ただ古謡と思われる唄には「お江戸日本橋七つ立ち・・・」とあるので江戸時代の人たちは薄明というより暗いうちから活動していたようです。痴楽だったかな?「朝は朝星、夜は夜星、昼は梅干食べながら・・・」。

街暮らしをしながら江戸時代がスローライフでよかったなどといってはおれないのかもしれません。

ブルーベリーを享受できるのもそのお陰かも知れませんしね。

« ミュージアム展示のヒントが見つかった! | トップページ | キネマ航空CEOの不覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
本日実施の 森林散策会に参加されて 御苦労さまでした 年相応に疲れた様です お仲間と何時も 楽しい時間を過ごされて居る様で 側から見て居ても 嬉しく思います 永く参加して行けます様に お互いに 少しばかりの努力をして見ましょう

今年は ブルーベリー狩りに来られる事を お勧め致します  是非・・・・ 

セニョールさん、こんばんわ。

記念すべきコメンテーターNo.1になられました。賞品は何がいいかなー

さて今日はありがとうございました。いろんな知り合いの輪が広がるのは楽しいですね。

今日も私の鳥好きを知っておられて「ウソがいるよ」と教えてくださった方がいました。この鳥を町場で見る機会はあまりありません。

こうした機会を長く続けられればと思っています。

そのためには日々もう少し歩かねばと自戒もしています。

ブルーベリー摘みには伺いたいと思いますのでぜひご案内の一報をお願いします。

そうそう、旅の報告を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キネマ航空CEOのアイキャンディ:

« ミュージアム展示のヒントが見つかった! | トップページ | キネマ航空CEOの不覚 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30