24H JST ANALOG CLOCK --- OUT OF SERVICE

JST Clock runs on Shockwave-flash. Zulu Time=JST-9

無料ブログはココログ

JST Clock runs on HTML5

トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の8件の記事

2011年1月30日 (日)

キネマ航空CEOの不覚

キネマエアラインズ・ミュージアムに展示した「誘導抗力について」の写真1-2の解釈において重大な改変を行ないました。調査不足でご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

Webを精査したところ写真1-2の前後を含んだ連続写真があることがわかりました。写真には版権があるので掲載はできませんが閲覧は可能です。ミュージアムの展示からジャンプできます。

変更点は翼端渦の後端の形状を無風状態の実験で垂直に立ち上る煙が回転して水平になったと解釈して強制渦と推定しましたが一連の連続写真では風で横になった煙が飛行機の進入前から存在することが分かりました。

したがい連続写真からは後方の翼端渦は自由渦と推定できます。このため関連する数箇所を訂正、改稿いたしました。これにより誘導抗力の説明自体が変わることはありません。

資料の収集という面ではWebの発達により居ながらにして瞬時に集めることができる時代となりましたが調査能力はむしろ以前より増して必要であることを痛感します。

ある意味では検索エンジンにも不作為の作為が忍び込むことを覚悟しておく必要があることを実感しました。

大げさに言いますと、裁判員による証拠の解釈ということではどこまで責任がもてるのかにも関連します。CEOとしてはいい勉強になりましたがビジターの皆様には改めてお詫びいたし、今後の戒めといたします。

2011年1月22日 (土)

キネマ航空CEOのアイキャンディ

写真は当CEOのお気に入りのブルーべリーです。

森林散策会という里山歩きの活動で知り合った山奥のブルーベリー農場主から分けていただいています。

Blueberry加工濃縮したブルーべりーの効能はテレビのコマーシャルでさんざんと聞かされますが実効のほどは分かりません。

愛用している理由は農場主お奨めのチルド・ベリーがなんとも気分転換にいいのです。したがい効能があると感じられます。

農場主としては需要にあわせてジャムにして付加価値をつける目的で冷凍保存をしているようです。

しかしこの保存状態でシャーベット状になった実を5粒ほど齧るのが刺激となっていいのです。

たまにはヨーグルトに落とし込んでもいいです。ブルーベリーにも種類があるそうで果肉が白い大き目の品種が個人的には気に入っています。

たしかラビット・アイだったと思うのですが確めて報告します。

農場主とすればありがたくないお客ですが一月に一度ドライブがてら出かけます。農繁期には労働力が必要なようです。

近くに公営の温泉もあります。手伝いに行って多少は生産的なお手伝いをするのも罪滅ぼしかなと思っています。

さて先回の江戸時代の時間表示の記述が中途半端でした。

星が見えなくなるときを卯の刻三つ(明け六つ)、星が見えはじめたときを酉の刻三つ(暮六つ)としていたようでその前後に各々季節によって変わる約1時間が卯の刻、酉の刻となります。

何で朝鳴く酉が夜の入口かなどと聞かれても分かりません。たぶん鳥目になる時間だからでしょう。で明け方見えてくるとうれしさのあまり鳴くのですかね。

話を戻し残りを5等分して刻が決まります。でその刻が4等分されて一つから四つになります。ここで等分といっても数学的等分ではないはずです。

補正するには太陽が南中する午の刻三つ(真昼九つの正刻=正午、午前、午後の原点の午がこれ)がありますが、夜の子の刻三つ(真夜九つの正刻)はどうしていたのか。寺鐘を鳴らすお寺などではお線香番がいたり蝋燭時計、水時計、和時計がある程度は普及していたのかも知れません。日本人の創造力や勤勉さの原点のような気がします。

刻の名前も干支のほかに変則的に九から四までの逆順で並ぶ六つの数字を使った呼び名もあります。前者は怪談話の「草木も眠る丑三つどき・・・」、後者は「刻そば」を思い出します。あらためて聞き直したいですね。

ただ古謡と思われる唄には「お江戸日本橋七つ立ち・・・」とあるので江戸時代の人たちは薄明というより暗いうちから活動していたようです。痴楽だったかな?「朝は朝星、夜は夜星、昼は梅干食べながら・・・」。

街暮らしをしながら江戸時代がスローライフでよかったなどといってはおれないのかもしれません。

ブルーベリーを享受できるのもそのお陰かも知れませんしね。

2011年1月18日 (火)

ミュージアム展示のヒントが見つかった!

ミュージアムで三次元翼に生ずる揚力の表裏である誘導抵抗の展示を予告したもののゆきづまっていたがやっと切り口が見つかった。

まず //chemeng.on.coocan.jp/ice/pche09.html から。 Pche09es_5

クッタ・ジューコフスキーの循環流らしきものをむりやり取り込んだ説明のようだ。渦をマフのように脱ぎ捨てていくらしい。それにしても翼のうえにいくつマフがあるんだろ・・・そのマフも横に流れる渦のようだし

後退翼だから何となく「そうか!」と思いそう。でも前進翼ではマフがどんどん翼根にたまりそう。

着陸するときの束縛渦はそのまま消えていくのか?それとも到着渦ができるのか?

つぎは//www.americanflyers.net から

Chapter_12_img_47small_4説明図とすればこちらのほうが分かりやすい。

WEBにはほかにも説明図があるかもしれない。

まず前者の出典から勉強だ!

「イルカに学ぶ流体力学 (テクノライフ選書)」

図書館にあるかな?

展示までは相当時間がかかりそうだ。

 

2011年1月14日 (金)

キネマ航空CEOの時間管理

普通のサラリーマンやウーマンはサイレンなりチャイムで時間をコントロールされています。

しかし当航空のCEOは在宅勤務のため自由といえば自由ですが興にのると翌日にとんでもないことになります。

そこでCEOがデスクトップに置いて愛用しているのがこれです。

Pri_20110114172135_2

ごらんのとおり世界地図上に日の出、日の入りの線を描き昼夜のエリアを示しています。

江戸時代は日出、日没を基準に昼夜を6等分さらに4等分した不等間隔の時間を採用して人間の生理に合わせて生活をしていました。

この時計は世界レベルでデジタルをアナログに変えて感覚的に教えてくれます。

表示は昼夜を分けたバイナリ、明るい側に翳を延ばしたグラデーション、それに都市の明かりが灯るライトがあり、それぞれ左側の地球儀だけの表示も可能です。

地球儀は任意の都市または位置に移動し、選択した都市や位置の日付や時刻がデジタル表示されます。そのほかにも黄道上からの視点にしたり作者のセンスが光ります。

個人的にはグラデーションに日没後の薄暮、日の出前の薄明をくわえてほしいところですがバイナリ表示でも何となく分かります。

Webでリアルタイムの世界を相手にしている人たちにお勧めの一品です。

Googleで「地球儀時計 Glock」を入れて検索するとヒットします。ぜひお試しを。

2011年1月10日 (月)

キネマ航空CEOの休日 地デジTV

先々月、故障したまま長らく放置していたブラウン管テレビをエコポイントにつられて買い換えた。

おそらくもう二度と買うことはない大型(47インチ)にしてみてあることに気がついいた。

TVで人物を映す場合に多用されるバストフレームだと顔がちょうど実物大にになる。

こうしてみると今まで美人に見えていた女優さんもそれほどではなく、締まらない顔だと思っていた政治家も意外と根性があるように見える。

等身大とはこのことか!

このサイズのTVは報道番組にはいいが映画やドラマを見るには適さないようだ。

映画はやはり大きなスクリーンで見なければならないことを痛感した。きっと先ほどの女優さんが素晴らしい美人に見えるはずだ。

一方ではPCのモニターで30センチの距離で見る映画は大きなスクリーンでは気がつかない細部に目が行き届き改めて映画にかける人たちの心意気が感じられる。

大型にしてよかったのは地デジのバラエティー番組の騒々しさがいかにつまらないかを気づかせてくれる。

BSで放送されている自然や美術番組の内容こそテレビが目指すところであってそのためには大型サイズがより普及する必要がある。

でもそうなったときには当CEOはこじんまりとしたテレビで我慢していることだろう。

2011年1月 8日 (土)

キネマ航空ミュージアムに新展示品追加

先に展示した「 揚力のはなし 」と対になる「誘導抗力について」を9日に展示いたします。

これで飛行機が飛ぶ原理をちょっと変わった視点で展示できたと考えています。ぜひご来館下さい。

参考になったのは「飛ぶ 飯田誠一著 オーム社刊」でした。

これからフライトの増便にかかります。ご期待下さい。

2011年1月 2日 (日)

キネマエアラインズ就航

KINEMA AIRLINES は予定より一年遅れで就航いたしました。

Logo

http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/ よりご搭乗下さい。

フライト中に上映する映画もさることながらラウンジやミュージアムも充実させてまいります。

LCCではありますが繰り返しのご利用をお待ちしています。

2011年1月 1日 (土)

キネマ航空 CEOオフィス からのご案内

Top_bar_long_4

Logo


KINEMA AIRLINES
CEO OFFICE


フロント・オフィスへ ようこそ

当オフィスがリリースする 最新の情報 は このご案内 の下方 にございます
タイトルにつきましては右手の 「最近の記事 RECENT ENTRY)」 にてご確認くださ い


当オフィスがオン・デマンドで運行をするフライトは
ウェルカム・ホール
経由で フライト・インフォメーション から、各便のゲートへお進みください。)

お急ぎの場合は、
フライト・インフォメーション 
から、直接ご搭乗いただけます。
(なお、インフォメーション・カウンター には自動音源を設置しております)


現在 14 機のフリートで運行中のフライトの増便みならず公開中の
コントロール・タワー空港ツアーV. I. P. ラウンジミュージアムアーカイブス
他の施設を、さらに充実させてまいります。

Ultra-LCVCではありますが繰り返しのご利用をお待ちしています。

Ultra-LCVC : Ultra-Low Cost Virtual Carrier  キネマ航空CEO 敬白


当オフィスは『お気に入り』などのサイド・ペインを除いた実質横幅が1,000ピクセル以上の画面とブラウザの「表示文字サイズ(中)」あるいは「標準のサイズ」を基準に公開しております。
また、当オフィスで確認したところ、各ブラウザ上のRSSによる表示、ウィンドウズ10のブラウザとなったエッジの「読み取りビュー」やスマート・フォンでは、重要な文章や画像が表示されない 場合もあるようです。
まことに勝手な当オフィスの都合でございますが、お客様各位のご来訪は上記に相当するPCディスプレイからのご来訪を希望いたしております。
また文字サイズではお使いのブラウザの画面拡大機能で125%前後を指定していただければ、
ページ・レイアウトをくずすことなく 「表示文字サイズ(大)」 相当に拡大いたします。

あわせて当オフィスの運行する キネマ・エアラインズ にご搭乗の際も同様のご配慮を頂ければ幸いです。

Top_bar_long_4

トップページ | 2011年2月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30