24H JST ANALOG CLOCK --- OUT OF SERVICE

JST Clock runs on Shockwave-flash. Zulu Time=JST-9

無料ブログはココログ

JST Clock runs on HTML5

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の6件の記事

2011年5月28日 (土)

キネマ航空CEOの憂鬱(12) 風評被害を時代劇の民意から考える

米エネルギー省のFUKUSHIMA原発による放射能評価は13日以降更新されていませんが風評被害の関連する情報を読み解く基礎になる部分は当初から変わっていません。

An assessment of measurements gathered through May 13 continues to show:
Radiation levels continue to decrease
No measurable deposit of radiological material since March 19
US bases and facilities all measure dose rates below 32 microrem/hr (32 millionths of a REM)** – a level with no known health risks
Agricultural monitoring and possible intervention will be required for several hundred square kilometers surrounding the site:
Soil and water samples are the only definitive method to determine agricultural countermeasures
Ground monitoring can give better fidelity to identify areas that require agricultural sampling

** Note: 1 milliRem (mRem) = 10 m(micro)Sieverts; 1 milliRem (mRem) = 1000 m(micro)rem

要点は、
放射線のレベルは減少し続けている。3月19日の測定以降の放射性物質の蓄積は認められない。米軍基地や施設の線量は32マイクロレムレベルより低位であり健康に及ぼすリスクは認められていない。
そして以下が風評被害に関係する項目になります。
農産物の監視やできうる介入については当該(原発)地点の周囲数百平方キロで土壌や水のサンプルが唯一の農産物の対応を決定する決定的な手段である。地上の監視がより高い信頼性のある農産物のサンプルを必要とする地域を決定できる。

末尾の単位換算は米国が国内で使う単位Remと日本が使う単位シーベルトの関係です。日本政府の発表はこんなところでは国際(というか学会というか)基準に従順です。したがい日本にいるアメリカ人に対してのサービスです。アメリカではRemを使い人体への影響を公示しています。https://kinema-airlines.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/ceo-8664.htmlを参照

数百平方キロメートルは多く見て4百平方とすると半径では130Kmぐらいとなります。アメリカの原発の多くは内陸にあるためか海洋汚染に関するコメントはありませんが海流や魚群の移動など考えれば自国内の風評被害にも関係するのかもしれません。世界でも有数の海洋国の日本政府はこの地域は国内問題として放置できる問題ではありません。
とはいえ膨大な人間と機材と時間が必要なことになります。

さて、富裕国日本の国民もようやく立ち上がり個人で放射能測定器を購入し、独自の調査結果をWebに公表しはじめ政府の許容値と測定方法の矛盾に気づき始めました。ようやく科学日本らしくなってきました。あとは日本国政府がこのネットワークをどう活用するかにかかります。

ただしこの個人が発表する数値で直ちにパニックになるようでは日本の科学教育はなんだったのかとなります。計測機器にはスタビライゼーション(安定化)、キャリブレーション(較正)、メインテナンス(維持)が必要です。デジタル機器は全てを機械がやってくれるということではありません。
Web上の絶対値をそのまま信用することはありません。ただ同一測定器を使った一定の測定方法での一地点の経時変化や多地点の測定によるマッピング化などには有効です。今後はそのデータを活かすボランティア組織や所有者のスキルの向上とその標準化が必要になってきます。

風評被害の多くは農業、酪農、観光といった地域密着型の産業に集中します。農業において菅首相はそれぞれ外交問題を抱える国の首脳を引き連れキューリを齧っていましたがカイワレ効果を今でも信じているようです。国民の多くは彼らが毎日キューリを食べているわけでもなかろうに、と醒めた目でみているはずです。

醒めた民意をつかむ方法は時代劇の中にあるようです。

少なくとも半径130Km以内の農産物、酪農製品は政府が他の地域の時価で買い上げ、政府機関や都県市庁の施設の食堂の食材や生協の商品にして公務員の家族や住民有志に適価で提供する。要は公務員は率先してリスク(問題ないはずの)を負う。

政府職員や電力会社の慰安旅行や家族旅行は上記範囲の施設に限定するのもやれる。中でも公務員は士農工商では「士」である。仕事に伴うリスクは率先して受け止めるのが誇りでもある。もっとも最近の映画では武士もただの人間と描くのがいい時代劇なのが気に掛かる。電力会社の活動の実態は「商」である。いつも最下級の身分で悪人に描かれるのは気の毒だが「士」を操り時代を変えることもできた財を持つ身分でもあり平和な時代に「農」「工」を巻き込んで文化を創出させた唯一の層でもある。国難とはいえ時代は平和なのである。金の使いどころを誤らぬ時でもある。

原発を持つ電力会社の取締役以上の役員は原発立地地域の30Km以内に家族を居住させる。その職を持って多くの領民(もとい)国民に利便を提供しているのであればその家族を領地(もとい)リスクのない(これは自分から認めている)場所に住まわせることは誇りでもある。(しないのはまさか田島陽子先生が彼らにも一理はあるとおっしゃるゲリラ一揆が原発を襲う想定があるのでは)

これらの幕閣の「御触れ」は真っ先に大目付(を気取る)の市民政党が、中でも福島瑞穂氏が柳眉を逆立てて「人権」の立場から猛反対するのが目にみえる。
時代劇の中ではできても現代ではできない。人権と風評被害と職務への誇り、みな生活の中で解決するしかない問題である。やはり人権を少し考え直してみる時代かもしれない。

風評被害の立つ理由はこれまでのような外部被爆から食物による内部被爆の問題に変わります。政府の対応がより重要かつ緊急の問題です。国会は菅総理のG8出席で開店休業状態ですが食の安全を早急に国民の周知させるためには内閣の責任追及と平行して官僚に仕事をさせる野党が求められています。

2011年5月23日 (月)

キネマ航空CEO 武田一男氏を追悼

このところ先方はこちらを知らないけれどこちらは先方を存じ上げ深く敬愛する方々が次々と旅立たれました。

この方々の残された作品やお姿にはこれからも接することはできますが、新しいお仕事が突然途切れることは逝かれた方々より残ったほうが無念でもあります。

その中のお一人 航空界の音の記録者として、またその第一人者として著名な武田一男氏がお亡くなりになりました。

氏の著作には 「機長席」 朝日ソノラマ 2000 など数々あり、最近ではWebやモバイルのアプリケーションで音と映像のコラボレーションに後進の方々と取り組まれていました。

声には人の心が聞く側の心に直接触れてくる力があります。また機械音に過ぎない爆音にも機械と機械と共にいる人との間の共鳴音を読み取ることができるようです。

氏の音や声へのこだわりからの映像へのアプローチは病を得て道半ばとなりましたが双方に後進の方々を育成されておられました。また、時代に先んじてWebを通しての飛行機を愛する人たちのつながりを進めておられました。

そして残念にも当CEOがその謦咳に接する直前に旅立たれてしまわれました。

キネマ航空CEOは、人それぞれに与えられる命運の中で、かくありたき人生をまっとうされました、を追悼のことばとしてご冥福をお祈りいたします。

キネマ航空ご愛用の航空機のファンの方々には次のリンクにてご弔問をいただき、氏の生き方を偲び、追悼の花を一輪供えていただければと、ご連絡いたします。

http://press.airjapon.com/?eid=746

http://press.airjapon.com/?eid=747

このリンクにて氏の作品の粋(すい)の一端が公開されています。

キネマ航空CEO 署名

2011年5月14日 (土)

キネマ航空CEOの憂鬱 米エネルギー省5月13日の発表による補足(11)

米エネルギー省の5月13日付けのサーベイレポートの3枚のグラフを転記します。

まず、5月3日に行なった仙台から東京までの東北新幹線乗車時に受ける3秒毎の被爆量の実測値です。米国人のツーリストに対するサービスですがアメリカらしい調査と発表です。

05_03_2011sendaitokyo

高濃度汚染に最も近い福島付近を通過時のグラフが添付されています。

2時間半の乗車で平均40μレムの被爆とまとめられています。飛行機で大西洋を横断するより遥かに低い値です。

まず、駅に停車時は低いこと。トンネル内は著しく低いことが挙げられます。

.

.

屋内待機の重要性が良くわかります。問題は一般的な生活の場である日本家屋の屋内に汚染物質を持ち込まない方策を政府がどのように指導しているか。

また、花粉症対策のようなことでいいのか、空気中の浮遊汚染物質が屋内に取り込まれ蓄積されていかないかの実験なり指導はどうなっているかの監視と検証です。

二番目は5月6日のデータを一枚にしたもの04_29__2011_cesium 

.

.

.

.

.

.

.

.

三枚目はセシウムの同位体(Cs-134 Cs-137)別の分布です。04_29_2011_cesium_2 

見た限りでは差は認められません。

全般に北西方向の拡大は風によるものではなく爆発による大きい放射性物質の投擲の方向と考えられます。

また微小の粒子は広範囲に飛ばされたと思われますが、2回の爆発の性質や方向の差も考えられます。

なお、前回と同じく原子炉付近の情報は公表されていません。原発に関係していない米国人が近づくことはないため日本政府への配慮と考えられます。

少なくともデータは日本政府に届いており1号炉のメルトダウンは知っていたと考えられます。

猪苗代湖の北側の空白部分は安達太良山系の標高の高い部分です。航空機の飛行高度の問題とありますがそのまま信じていいのかどうかは不明です。

4月4日に公表されたデータでは80km圏外の西から南西方向に広がった定常値より大きい0.03-0.25mR/hrの地域は経済活動においては暫定基準値の適用範囲となっているようです。事実上の危険はないはずですが北東から北へはさらに広範に広がっていると考えられます。

しかし、これらの測定対象から外された中に高い濃度のスポットがある可能性は否定できません。

こうなってくると地方自治体も風評被害の懸念から公表は避けて欲しいところでもあると考えられます。日本政府は米国へ80Km圏内に限ってのデータ公表を要請しているようです。

これ以上の政府やマスコミからの発表は期待できそうにはありません。したがい週刊誌等の調査報道に期待するしかなさそうです。

Web上の短い文章に惑わされることなく自己責任による情報の読み取りが必要です。

参考までに一枚目の図のコメントは以下のとおりです。

Results show radiation levels along Tohoku Shinkansen Bullet Train
The integrated dose was measured with a calibrated electronic dosimeter by a field team member riding the train as a passenger, and includes external exposure but not inhalation.
The dose rate was recorded every 3 seconds with a calibrated scintillator.
All measurements were made inside the train.
The dose rate in some stations is significantly lower than along the tracks outside the station; possible evidence of decontamination.
The dose rate measured in the train is expected to be different from that measured by AMS because the train is often elevated (further from deposited activity) or in tunnels (unaffected by released activity).
The contamination on track beds may weather differently than on other surrounding ground material.

2011年5月11日 (水)

キネマ航空CEOの憂鬱 米エネルギー省発表の4月末の航空機探査結果(10)

米エネルギー省の5月6日付けの航空機によるサーベイレポートが公表されました。

日本政府からも公表され始めましたがレファレンスとして挙げておきます。画像はクリックで大きくポップアップするはずです。図の見やすさなどのサービスの比較にもなります。

まず3/17-4/29の測定データマイクロレム/時間 表示

03_1704_29_2011pri_2011aerial_monit

4/29のマイクロシーベルト/時間 表示

04_29_2011aeria_monitoring_microsv_

同ベクレル/平方メートル

04_29_2011aerial_monitering_bq_per_

測定条件は次のようなものです

42機の固定翼とヘリコプターによる150m乃至700mの高度で4/6から4/29まで行なった

値は直径300mから1500mの平均値

猪苗代のあたりは山岳地帯のため低空飛行ができないのでデータはない

セシウムは空中と地面から検出された

原子炉直上のデータはない

調査範囲の境界は事前に行なっていた堆積物の拡散状況の測定により決めた

等々日本に気を使い始めたようです。

These results are from a joint MEXT, DOE/NNSA and USFJ survey
Data based on 42 fixed wing and helicopter survey flights at altitudes ranging from 150 to 700 meters between April 6 and April 29
Exposure rates are averaged over areas 300 m to 1500 m in diameter
There is no data near the Town of Inawashiro because it is mountainous and not easily accessible by low-flying aircraft
The cesium deposition was determined from aerial and ground-based measurements
The ratio of the amount of Cs-137 to Cs-134 is uniform across the survey region
There is no aerial survey data directly over the nuclear power plant itself
The survey boundary was chosen based on many preliminary measurement that showed the extent of the deposition 

アセスメントの結論は前回と変わりません。

2011年5月10日 (火)

キネマ航空CEO後悔と名言について考える

キネマ航空700便の2011年5月4日付けのフライトで「逃げる男のバラード」の作中でフランス語の箴言も学べると書きました。
http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/flight700.html

使われる状況は作品を呼んでいただくとして、それは以下のような言葉です。

De ne se repentir de rien est le commencement de la saggess. 
ド・ヌ・ス・ルパンテイール・ド・リヤン・エ・ル・コマンスマン・ド・ラ・サジェス
「何事も後悔しないことが知恵の始まり」

日本語では「あとの後悔先に立たず」とか「覆水盆に返らず」などが思い当たりますが、それぞれに語源はあるとしても日本人は「後悔」はしてはならぬもののようです。

そのために事前に「ああしろ、こうしろ」の講釈ならまだ良いほうで、事後に「なぜ、ああしなかった!こうしなかった!」と他人様からの説教と対になるのが日本語の「後悔」のことわざの使い方のようです。

最近は「反省しても後悔するな」という言葉も作られているようです。しかし用法自体が他人から言われる文体であり、自分で使うとなると何となく言い訳めいているのかなと感じてしまいます。

その点、フランス語では「後悔なんて個人の感情であり、そんなもの個人で吹っ切れ」と自分自身がいっているようです。

でも、日本人は極端な状況設定になれば洒落た言葉も出てくるようです。歌舞伎の土壇場で「首が飛んでも動いて見せらあ」なんてこれぞ名言ですね。もちろんエンタテイメントの世界でですが。

日本人は外国の言葉を適当に換骨奪胎できる才能があるようです。

たとえば「風と共に去りぬ (Gone with the Wind)」のラストのスカーレットのせりふ“・・・. After all... tomorrow is another day.”

は菊田一夫の舞台版ではこう訳されています「・・・。・・・明日は明日の風が吹くわ。」、直訳すると「明日は別の日だ」ですが、原題にある「風」に掛けて使ったようです。

もともとの「風」は、スカーレットが明日になれば帰ってくるかも知れないと望みを託すレットがアトランタの陥落の日に「南部の文明も風(市民戦争=南北戦争)と共に去っていく」と言うせりふからとられています。

明日は明日の風が吹く」のフレーズは石原裕次郎の歌やいろいろなところで使われており「風」という言葉には俳句の季語のような感覚を呼び覚まし日本人の後悔の処し方に近いものがあるのかもしれません。

日本にはもっと突き抜けたせりふで「江戸っ子は宵越しの銭なぞ持たねえ」ってえのがあります。
これにはいろんな理由付けがあるようです。

一般的な背景には「明日も約束された仕事があるという社会システムがあったから」ということでしょうが、フランス人的な後悔(知恵)なぞ吹っ切った先にある心境かもしれません。

日本人の当CEOは江戸っ子の「宵越しの銭」には及びませんが「晦日(月末)越しの金」は持てない生活です。無数の後悔をしていますが知恵は出てきません。

当キネマ航空CEOの信じる迷言 「後悔はするためにある」 が後世に残りますように。

キネマ航空CEO 署名

2011年5月 3日 (火)

キネマ航空CEO発表 WEB エアラインズ アライアンス フリート を就航

エール・ジャポンとのアライアンス提携によりキネマ航空はエール・ジャポンのハブ空港をファイナル・デスティネーションとする共同運航のキネマ航空700便の就航を開始します。

メイドン・フライトは 2011/05/04 20:00 を予定しています。チケット(リンク)を発券いたします。

http://kinema-airlines.movie.coocan.jp/flight700.html      (5月4日 追記)

同便はフライト内でのリンクが同便内とエール・ジャポンのみとなっております
WEB上でのギミックですのでブラウザのバック・ボタンで戻れますが、同空港でのトランジットのお時間をお楽しみ下さい。

エール・ジャポンの空港の拡張計画が完成後には同空港内にキネマ・エアのカウンターも設けていただく予定です。

なお、700便は空港到着までの時間を読書で楽しんでいただくという夜間飛行のコンセプトであります。

内容は大きく分けて、

エール・ジャポンのライブラリからのチョイスとキネマ航空CEOの書評(雑文)で主にエンターテイメント系を中心に追加便を随時出発させる予定であります。

初飛行でお奨めするのは

エール・ジャポン より

・飛行機の歴史 山本忠敬 福音館書店 1999
・マイナス・ゼロ 広瀬 正 河出書房新社 初出 1970

キネマ・エア より

「知られざる英国女流ミステリ作家たち」として
・逃げる男のバラード シェリイ・スミス(1961) 永井 淳訳 早川書房(1963)
・盗まれた意匠 メアリイ・ケリイ (1961) 中桐雅夫訳 早川書房 (1964)

いずれも作中に飛行機が出てきますが名前は書かれていません。
読者が年代と場所そして小説の背景としてふさわしいその機種名を想像してみるという趣向です。

そのほか、
・A FIELD GUIDE TO AIRPLANES OF NORTH AMERICA / HOUGHTON MIFFLIN COMPANY
・A FIELD GUIDE TO THE BIRDS OF JAPAN フィールドガイド 日本の野鳥 / 財団法人日本野鳥の会

を用意いたします。

繰り返しのご搭乗をお待ちしています。

キネマ航空CEO 署名

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30